かくかくしかじか 1 (愛蔵版コミックス)

著者 :
  • 集英社
4.22
  • (311)
  • (266)
  • (127)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 2299
レビュー : 251
  • Amazon.co.jp ・マンガ (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087824575

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 題名の「かくかくしかじかは東村先生が漫画家になるまでの顛末…というとあまり面白そうに聞こえないかもしれませんが、そのお話がすごい。
    スパルタ絵画教室との先生とのあれこれ。
    なんか最後は泣かされそうな予感です(笑)

  • 全5巻。
    雑誌の連載第1回目を読んだ時、ラストがこうなるとは想像していませんでした。
    今の作者があるのは恩師ありきなのだなぁ。

    個人的には東村さんの作品はストーリーものより、エッセイやショート、読み切りが好き。
    「きせかえユカちゃん」はもう続かないのか気になる。

  • 育児漫画テンパリストでヒットした作者が漫画家になるまでの自伝漫画。男が読んでも十分面白い。
    一巻は宮崎での子供時代から美大受験まで。JK時代の絵の恩師の話がメイン。センターをダウジングで乗り切ったとか,すごい武勇伝もあるものだ。
    冒頭でバツイチ宣言があったのには「あぁ」って思った。
    http://twitter.com/Polyhedrondiary/status/566006379798724609

  • 4巻までレンタルで読了。続き気になる。。

    マンガ大賞2015受賞おめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚

  • 【借り物】東村さんの中で一番しっくりくる漫画かも。それにしてもポジティブな人だわー。ちょっとでいいけど見習いたいわー。

  • これが自伝とは…なんて個性豊かな人たちと人生。東村さんは自分のことよくわかってるんだなと。基本笑えるんだけど過去の自分と先生に語りかける様子が切なくて、胸がぎゅっとする。

  • 東村アキコさんの自伝。

  • 東村アキコのなりたちを描いた自伝マンガ
    美大のイメージが変わりました。ボンボンじゃないとゲージツはやっていけないね。と痛感させられた

  • 自分も美術部で美大憧れたのでとても興味深い。

  • 東村アキコの自伝コミック。
    おもしろすぎる。

全251件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

日本一筆が速い漫画家。その活躍分野は少女マンガから青年漫画まで、恋愛マンガからギャグ漫画まで多岐にわたる。

「2017年 『東村アキコ完全プロデュース 超速!! 漫画ポーズ集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

かくかくしかじか 1 (愛蔵版コミックス)のその他の作品

東村アキコの作品

ツイートする