家族の中の迷子たち (コミックス)

著者 :
  • 集英社
3.50
  • (1)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087852264

作品紹介・あらすじ

ふとしたすれ違いから起こる親子間の問題。子ども達は様々な症状を通して、両親に何かを訴え続けている。現代家族のあり方を考える問題作として、大反響を巻き起こした、迫真のドキュメンタリー・コミック。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 様々な原因で心に傷を負い病院にやって来る子どもたちを描いたドキュメンタリー・コミック。やや定型化しすぎているかも、という印象があるが、漫画という形式も手伝って、初心者には非常に読みやすく分かりやすい。児童精神科医がどのようなスタンスで仕事をしているのかを把握するにはちょうど良いと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

2001年、大阪外国語大学大学院より修士号取得。2007年、大阪外国語大学大学院より博士号取得。現在は東京をベースに翻訳・通訳・プライベートレッスンを行なう。著書に『旅の指さし会話帳(31)デンマーク』(情報センター出版局、2002年)『デンマーク語慣用表現小辞典』(共著、大学書林、2003年)

「2017年 『デンマーク語のしくみ《新版》』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木雅子の作品

ツイートする
×