介護のうしろから「がん」が来た!

著者 :
  • 集英社
2.57
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 38
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087880236

作品紹介・あらすじ

『介護のうしろから「がん」が来た!』 篠田節子

まさにガーン!
直木賞作家・篠田節子が綴る、ふんだりけったり、ちょっとトホホな闘病&介護エッセイ。

認知症の母につき合って二十余年、母がようやく施設へ入所し、一息つけると思いきや、今度は自分が乳がんに!? 介護と執筆の合間に、治療法リサーチに病院選び……落ちこんでる暇なんてない!

作家・篠田節子が乳がん発覚から術後までの怒濤の日々―—検査、手術、還暦過ぎての乳房再建、同時進行で老健にいる母の介護―—を、持ち前の取材魂をもとにユーモア溢れる筆致で綴る闘病&介護エッセイ。
乳房再建手術を担当した聖路加国際病院・ブレストセンター形成外科医との対談「乳房再建のほんとのトコロ」も収録。

【目次】
1 発見 「ヒン」でもマンモに写らない
2 入院まで 「標準治療」とは、お安くできるスタンダードクラスの治療、という意味ではないらしい
3 再建の決断 還暦過ぎのシリコンバスト
4 手術 「バストが邪魔」巨乳温存マダムのゴージャスな愚痴と、手術台上のガールズトーク
5 院内リゾート 読書三昧とオプショナルツアー
6 退院 自宅療養時の不安 「先生、右側が叶恭子になっています!」
7 手術後25日の海外旅行 天使が微笑む都――七年ぶりのバンコク
8 日常復帰 雑用と飲み会の日々――廃用症候群三歩手前で考えたこと
9 二度目の手術へ 乳房とは仰向けになると変形するもの――形成外科手術の難題
10 解禁 クリスマスの金の玉
11 乳房再建その後 見た目問題とさわり心地
12 波乱含みの年明け がんのうしろから何が来る?
13 介護老人保健施設入所の経緯 「施設もデイサービスもショートステイも、絶対拒否!」な家族を抱えた介護者のために――
14 ホーム巡礼 八王子十四ヵ所 まずは見学、何をおいても見学、とりあえず登録
15 ここは絶海の孤島!? パラオ Wi‐fiもケータイも繋がらない
16 グループホームに引っ越し 娘のいちばん長い日
17 エッセイは終わっても人生は終わらない
【特別対談】篠田節子×名倉直美
やってみてわかった「ここが知りたい!」 乳房再建のほんとのトコロ
あとがき

【著者プロフィール】篠田節子 しのだ・せつこ
1955年東京都生まれ。90年『絹の変容』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。97年『ゴサインタン』で山本周五郎賞、『女たちのジハード』で直木賞、2009年『仮想儀礼』で柴田錬三郎賞、11年『スターバト・マーテル』で芸術選奨文部科学大臣賞、15年『インドクリスタル』で中央公論文芸賞、19年『鏡の背面』で吉川英治文学賞を受賞。『長女たち』『竜と流木』『肖像彫刻家』など著書多数。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 介護録&乳がん闘病記録としてリアルなところが知れてかなり参考になるエッセイ。
    乳がんになって温存するのか切除するのか、切除したとしてそのままにするのか再建するのか、そこのやり取りは今の時点の情報としては最新のことが知れる。ここで登場する著者の知人の医師の方の意見が明確で素晴らしい。
    途中のタイ&パラオ旅行記はいらないなあ、と思って流したけど、まあ箸休め的な存在でありかな。

  • 実母の介護中、乳頭からの「しみ」発見、病院選び、手術前の先生との相談、手術台に上る、術後の経過、そして再建と、どうなるの?とページをめくる。そして、お母さん、施設に入れてよかったね。

    母親が入院しつかの間手が空いて時分の時間ができ余裕ができたので乳房の異変も発見できて、病院に行く余裕もあったと書いている。自宅介護では自分を後回しにしただろうと。しかし施設に入れても、汚物のついた洗濯物は自宅に持ってきて洗濯するなど、なんというマメな介護ぶり。私だったら洗濯など業者任せにしてしまうなあ。

    手術後、「はいよ」と夫に胸を見せてやると、夫は「おー」と感嘆の声を上げていた、とある。なんと・・ とはいえ、実際はどうか。自分でも実は20年前に良性だったがしこりを取った。あのしこりを発見したときの驚きはなんともいえない。彼女の場合は乳頭からの「しみ」が発見の第一歩で小さいのがたくさんあったようだ。

    2019.10.10発行 図書館

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1955年、東京都生まれ。90年『絹の変容』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。97年『ゴサインタン‐神の座‐』で山本周五郎賞、『女たちのジハード』で直木賞、2009年『仮想儀礼』で柴田錬三郎賞、11年『スターバト・マーテル』で芸術選奨文部科学大臣賞、15年『インドクリスタル』で中央公論文芸賞を受賞。ほかの著書に『夏の災厄』『美神解体』『静かな黄昏の国』『純愛小説』『長女たち』『冬の光』『竜と流木』など多数。

「2018年 『インドクリスタル 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

介護のうしろから「がん」が来た!のその他の作品

篠田節子の作品

ツイートする