町田くんの世界 7 (マーガレットコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.26
  • (12)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 120
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088440378

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 途中の巻を飛ばして衝動買い。
    そして即読み。

    この本に出会って良かった、
    人の優しさ、気持ちのあたたかさに
    たっぷりと浸れた。

    相手を否定せず、尊重するってことを難しく考えすぎしまうから
    少しの思い違いを頭と心が自分にとって都合悪い解釈をしちゃって
    付き合い方、話しかけ方に気後れすることがある。

    町田くんを見習って
    素直に相手を見よう。
    マンガを読むことが好きだから繋がった縁。
    この先も大切にしていこう。

  • 町田くんの世界、完結です。
    派手さや刺激はないですが、最後まで優しいお話でした。
    映画化するそうで……町田くんは、地味目な雰囲気イケメンの人が良いなあ。猪原さんはきつめの美人希望。

  • 最後まで優しい世界でよかった。
    この漫画には、自分の分身のような人がたくさん出てくる。だから時に共感して苦しくなる。
    だけどそれを町田くんや、町田くんの周りの人たちが優しくすくい上げてくれる。そして人は愛おしい存在なのだと教えてくれる。

    最後に少しだけわがままになった町田くんも愛おしいと思った。

  • 拍手を送りたくなるほど良い漫画でした!
    最後も町田くんらしいなあ。
    猪原さん、良かったね!

  • 全7巻読了。
    なんとまあかわいらしい終わり方!
    正直、町田くんが誰かひとりを特別にするということが想像できなかったけれど、猪原さんとうまくいって良かった。
    みんなが温かくて、こちらも温かくなる、そんな感じの良い作品でした。

  • まさかの完結。続けようと思えばまだまだ続けられたんだろうけど、確かなマンネリの予兆も見受けられるから、このタイミングは正しいかも。最終巻も、相変わらずの平和な日常が繰り広げられます。なごみます。期待通りのハッピーエンド。繰り返し読み続けたい程のインパクトは、ちょっとないかも。でも楽しませてもらって有難うございました。

  • 最終巻! 「あの人は今ひとりでいるけど 誰かのママかもしれない 誰かのお姉さんかもしれない そして誰かの 子どもなんだ 見てごらん、家族なのかもしれないって みんなを きっと 世界は君に ずっと優しくなるから」映画化だって。配役やいかに。

全7件中 1 - 7件を表示

町田くんの世界 7 (マーガレットコミックス)のその他の作品

安藤ゆきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

町田くんの世界 7 (マーガレットコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする