高台家の人々 1 (マーガレットコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.31
  • (163)
  • (134)
  • (44)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 1114
レビュー : 106
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088451091

作品紹介・あらすじ

妄想が趣味の地味系女子・平野木絵はニューヨーク支社からやって来た超イケメン社員・高台光正に突然食事に誘われ、驚く。実は光正には、ある特殊な能力が! それは光正の妹と弟にも── ヒットメーカー森本梢子が放つ不可思議ラブ・コメディ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • すごくおもしろかった。
    6巻一気読みしたのですが、読んでる間じゅう要所要所で涙が出て、もう笑って泣いてるのか心震えて泣いてるのか自分でもわかんない。

    心を読むのも読まれるのも絶対嫌だし恐ろしく罪深いことだけど、こんな笑えて泣けてハッピーな話にできるのすごい。
    私も妄想癖があってよく独り言とか言っちゃうけど、絶対こんな風にはならないものね。

    これはとても人に勧めたくなる良作。

  • 去年めちゃハマった漫画。

    というかまだまだ絶賛ハマり中。

    完結してるけど。

    ふらーっと手にとっては
    くすくす笑ってしまう。

    あまり間も開けず
    しょっちゅう読んじゃう稀なマンガ。

    本屋の一話試し読みから
    買ったんだっけ。

    次から次へと
    変な妄想が出てきて
    声を出して笑っちゃいます。

  • 全6巻読了(物語自体は5巻で終わっているが、読者の読みたかったお話をまとめて1冊分描いてくれて6巻目を出した感じ、有難いっ!)。顔とハートが最強のイケメン、最高の笑い、最愛の妄想のオンパレード。優しさのある笑いはこんなにも心地良い。おススメの漫画は?と聞かれたらあと7年くらいは、この作品を推すと思う。

  • 妄想癖のある女子×テレパス三兄弟長男のラブコメ。

    可笑しすぎる!

    木絵ちゃんは心の中はものすごく豊かでお喋りなのに口下手で、でも根が素直で、人の心が読める能力の持ち主にとっては癒しになるかも。
    私がもし人の心を読めたら、こんな妄想に直面したらやっぱり吹き出してしまうと思う。

    木絵が光正と専務の娘とのお見合い話にショックを受けて、「ヨーロッパのどこかの森の奥ですごいかっこで刃物を研」ぐ妄想が一番笑った。
    しかもそれを茂子に見られるw

    妹と弟の恋も可愛い。
    そのうち、両親も出てくるのかな。
    両親もテレパスなんだろうか。
    てか、どっからその能力が……。

    視点がコロコロ変わって、みんなの心の声ダダ漏れなのは珍しい。
    けど、よく読むと“一人称の心の独白”と、高台家の人々に“聞こえてしまった声”ではフォントを変えていて、芸が細かい。

  • 展開はガッツリ少女漫画的(冴えない女の子がイケメンと~)なのに、ばっちり笑わせてくるところが珍しいなと思った。要素だけでいうとかなり王道で、ありふれててもおかしくないのにすごい笑えて楽しかった!キャラ全部好きになるし見せ方がうまいな~と思った作品だった!

  • 朝のTV番組で紹介され、面白そうなので速攻で購入。
    木絵のぶっ飛んだ妄想力と、テレパス能力を持つ
    高台家の兄妹弟のやり取りが楽しすぎる。

  • ストーリーにツイスト効いていて面白いです! 
    ごく普通の女の子が…そのきっかけが楽しい。
    これからも追いかけます。

  • この方の描く漫画が大好きなので「絶対面白いだろうな〜」とめちゃくちゃハードルを上げて読み始めたのですが、予想以上に面白くてハマりました!
    木絵ちゃんの妄想に出てくるキャラがじわじわくる(笑)ダッフンヌ神父が好き(笑)
    そしてなにより光正さん素敵すぎます!!

  • こ、高台家カンペキすぎるぜ…。光正さまかっこよすぎるぜ。ところどころに挟まる木絵ちゃんの妄想が笑えます。
    これからどう続くのか?久しぶりに少女漫画らしい少女漫画読んでときめいた。

  • 人の頭の中が読めると、もう顔とか関係ないんだ。

全106件中 1 - 10件を表示

高台家の人々 1 (マーガレットコミックス)のその他の作品

森本梢子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

高台家の人々 1 (マーガレットコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする