高台家の人々 5 (マーガレットコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.32
  • (83)
  • (56)
  • (22)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 690
感想 : 49
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088455860

作品紹介・あらすじ

光正は平野一家との対面も無事に済ませ、結婚はいよいよ秒読み段階へ。しかし祖母・アンの「マリッジブルーにはならないでね」との余計な一言で木絵の妄想はおかしな方向へ……。はたして、ふたりは無事に結婚できるの? 大ヒット不可思議ラブコメディ第5巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 光正が木絵に本当の事を伝えて、お互いに悩み辛いんだけど、やっぱり木絵の妄想が笑えて。そして立ち直りの早い木絵が好き。

  • アンおばあちゃんの
    「あの子はただ 
     たった一人の人に
     許されたいの」
    「真実を知っても
     それでもいいと
     言って欲しい
     ありのままの自分を
     許してほしいのよ」
    という台詞には
    泣けました

  • 号泣巻でしたっ!!

    お母様の厳しい修行(笑)を乗り越えた後、もうひと山ありました。
    ついに自分の能力を木絵に告白する光正。
    その時木絵は……!?

    木絵さんの開き直り方いいですね。
    そのまま心で会話できるようになってるし。

    「私の愛する人はテレパス
    だからこそ 片隅の私を見つけてくれた」(P.169)

  • 29、30、31章:光正さんのニューヨーク時代の上司、ホリー登場。ハリウッドセレブのような美女で、木絵の妄想もアメコミ調の作画に(笑)。
    光正さんと親密そうな雰囲気だったり、木絵ちゃんの妄想がそのまま現実に…いや、違った!?とヒヤっとしましたが、問題なく収まってよかった。
    実はホリーさんの家庭的な事情の相談に乗っていた光正さん。木絵ちゃんは、人の大事なことは話せないよね、自分のことなら隠し事しないよね、と心の中で信頼を寄せますが、心が読める光正さんは…。
    32章:木絵にテレパスのことを打ち合けた光正さんに木絵は「この人達知ってる?」って妄想界オールスターが登場してめちゃ笑いましたww 木絵ちゃんそのまま妄想キャラについて話し出すしw 最終的には混乱しちゃったみたいだけど、そりゃいきなりは受け入れられないよね。
    光正さんの高校生の頃のおじいさんの思い出が優しくも悲しい。
    33章:混乱したりくだらない妄想しつつも、木絵ちゃんが考えるのは光正さんのことばかり。光正さんのことを思い遣って、やっぱり木絵ちゃん心の綺麗ないい子だな〜。茂正おじいちゃんの願いが叶ってよかった!茂子や和正がみっちゃんと木絵ちゃんのことをある意味我が事以上に心配してる事情、なるほどと思いました。
    34章:光正さんが楽しいならよかったという木絵ちゃんにほっこり。光正さんのテレパスをうまく使ってるやん。
    結婚したら高台家に同居する?からの『やうこそ お姉さま』の妄想に爆笑。5巻はアメコミ風だったり大正浪漫風?だったり作画の幅がすごいw
    35章:光正さんと木絵ちゃんの結婚式!
    右、左、光正さん 右、左、金太郎(笑)
    光正さんが楽しそうで、木絵ちゃんが幸せでよかったです!



  • 202102/全6巻まとめて。妄想が趣味の地味女子と、美形・セレブ・テレパス一家のラブコメディ。森本梢子なのでテンポ良く読めて笑えるのは保証付き。

  • ここにきて、光正さんカミングアウト。祖父と同じように開き直った木絵は強い。いい嫁もらったねぇ。ありがたうお姉さまには声を出して笑った。右左右左光正さん。

  • ※1~5巻までの感想をまとめてこちらに。

    別誌で連載中の『アシガール』が面白いので、この人の描くお話にハズレはなさそう!と思って読んでみた★

    主人公・木絵の妄想がとにかく面白いw
    でもそれ以上に、人って心の中で案外バカバカしいこと考えてるんだな~と思ったら笑えた。ヾ(≧v≦*)
    いや、もちろん悪意や敵意も否応なしに流れ込んでくるわけで、光正さんはじめテレパス持ちの人間にはそんなの堪ったもんじゃないんだろうけど…。
    まぁ、この作品には基本的にそこまでの悪者は出てこないからね(当て馬とライバルくらいはいたけど)。だから笑って済むのかも♪

    光正さんはたしかにイケメンで優しいけど、やっぱりその特殊能力ゆえにどこか冷めたところがあるので…個人的に一番の男前は茂正おじいちゃんだと思ってる。笑
    祖父母の馴れ初め回(2巻9-11章)と、両親の馴れ初め回(3巻18-20章)もとても良い話だった!

    でも私の推しは浩平×茂子だな、うん。
    長いこと友達やってきたせいで盛り上がりに欠けるかもしれないけど、この二人は本当にお似合いだなと思うし、なんか好きだな~♡(´∀`〃人)

    さて。
    光正さんから秘密を打ち明けられ、混乱する木絵。
    しかし開き直って、彼と向き合っていく決心をする。
    無事に結婚式を迎え、いよいよ高台家の人となったが…!?

    次巻にも期待☆-(^ω°)ノ

  • 面白かったあ。和正のお姉さま、笑った、笑った。早く次出ないかなあ。新婚生活も面白そう

  • 誰かに愛されたい、理解されたい、
    そんな奥底の気持ちを上手く掬い取られたような物語。
    妄想のキャラクター笑える。光正さん格好良い。

  • 光正が木絵にテレパスである事を告白… おばあちゃんの「たった一人の人に許されたいの…」の言葉にグッときた。でも木絵は強かったですね… 強いというか何というかw。そんな木絵だからこそ光正も幸せなんだろうなぁ。とうとう結婚式です。木絵も高台家の人になります。

全49件中 1 - 10件を表示

森本梢子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×