君に届け 4 (マーガレットコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.08
  • (521)
  • (308)
  • (409)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 3786
レビュー : 171
  • Amazon.co.jp ・マンガ (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088461748

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  友達に浮かれている爽子に新たなる敵が出演。
     敵は顔よし! 性格よし! ってことになっているくるみ。
     彼女は、さりげなくー、さりげなくー、噂を流したり、当の爽子に接近をして、なんとなくなんとなーく、爽子を誘導して、風早を諦めさせようとするけれど、「友達」と言えば素直に信じ。
     なんとなく誘導したことを「親切」だと受けとる爽子には、まったくくるみの作戦はことごとく失敗。
     最終的には、あやねちゃんが証拠を掴んでジ・エンドかと思いきや、それでも爽子は自分の思ったことをくるみに伝えられていない、と感じて、くるみのところに直接、対峙しにいく……

     という話でした。
     なんというか、負けないし、へこたれないし、ポジティヴシンキングな女の子は強いなあ……と思ってしまう。
     人の悪意まで自分のパワーに変えてしまうなんてこと、なかなかできることじゃないし、そういうのに今までいじけることもなく、自分のプラスだって思って生きてきた爽子は本当に強いなあ……と思います。
     羨ましい。
     そういう爽子だからきっと今があって、素敵な未来が待っているんだろうな、と思うので、どんな人でもきっとくじけなければいいことがあるんだと信じたいです。個人的に。
     やっぱり好きな人のことは好きでいたいし、嫌いな人は作りたくないよな、と基本的なことを思い出させてくれる漫画だなあ……と個人的には感動しています。
     これから、くるみと爽子の関係がどうなるか楽しみです。

  • 爽子が風早への恋愛感情を自覚する流れが本当に丁寧で素敵!
    くるみちゃんが切ない…最後の二人のシーン好きだなあ…。

  • くるみが「友達だと思ったことなんてない」って言ったときの爽子の涙のシーンよかった。

    この漫画って恋愛よりも友情な漫画なのかも。
    相変わらず面白いです!

  • もうこの後は龍が主人公の物語になってくれて構わない。

  • 貞子呼びから 爽子 呼びに変わりつつあり。
    爽子も名字からニックネーム呼びになりつつあり。
    (ちづちゃん、あやねちゃん)

    爽子に恋愛感情を持ってることを自覚させたくるみ。
    なーぜーかー くるみは体育教師 ピン に振られたことにw
    しかも、龍と話をしている爽子を見た風早は爽子の手を取って走る。
    くるみの計算、間違いだらけ。

    くるみの事を、かわいいと思ってしまう爽子。
    本当に、不器用に、真っ直ぐな「想い」。


    こういう話、大好き。

  • 少し泣いた。

  • 面白かった

  • 始まって早々にくるみちゃんの本性が露わに。でもソフトボールの応援とかで結局爽子と並んで見てたり、ちゃんと話聞いたりしてるところを見ると悪い子じゃないんだなぁと思う。ちょっとズル賢いだけで。いつのまにか福の神扱いに出世した爽子がうける。くるみちゃんのおかげで爽子も恋愛感情を自覚。くるみちゃんを警戒して牽制するあやねちゃんカッコいい。くるみちゃんの策略で龍と2人で話してたわけだけど、それを見て爽子を奪って走っていく風早くんにキュン。我慢できなかったって!可愛い。風早くんにピンの事を誤解されるくるみちゃん不憫。やり方はおかしくなってるけどくるみちゃんの風早くんを想う気持ちは本物。

  • 150714読了

  • サンプルにてはまる。

全171件中 1 - 10件を表示

君に届け 4 (マーガレットコミックス)のその他の作品

椎名軽穂の作品

君に届け 4 (マーガレットコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする