君に届け 9 (マーガレットコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.28
  • (474)
  • (321)
  • (178)
  • (9)
  • (0)
本棚登録 : 3766
感想 : 195
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088464404

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 恐れることに
    鈍くなっていることにすら
    気づかない
    慣れてしまっている
    鈍さに
    鈍くても良いと思っていた
    自分が
    鈍くなっていることにすら
    気付いてなかったことにすら
    気づく
    自分はみんなに嫌われていて
    自分はみんなから仲間外れにされていて
    人から気を使われていて
    そんな思いになってしまっていることに
    気付いてなかった
    間違えていたことが
    全て
    そこから
    新しい関係のために

  •  読了。
     誤解だらけの苦しい回だった。
    爽子も風早君も頑張って届けろ。
    (210727)

  • 健人の一言で、関係を引っ掻き回される爽子。
    それでなくても感受性が人一倍なのに。
    風早、皆の前で「好きだ」と宣言。
    爽子の勘違いからすれ違いが大きくなる。
    そそのかすは健人。
    風早に好きな人がいることを知り、落ち込む爽子。
    ちづの「鈍さに慣れるな」は名言。
    そしてくるみの「鈍感だからでしょ」は決定打。
    くるみは、本気で風早が好きで。
    爽子を本当のライバルだと認識してる。
    こんなカッコいい女、そういない。

    文化祭の出し物は「貞子の黒魔術カフェ」
    単に相談にきちんと乗る爽子は偉い!

    腹を決めた爽子は風早に会いに行く。

  • 面白かった

  • 無料アプリ。何も知らないくせに口出してくる健人くんうざいー。しかもかき乱すだけじゃなく、さり気なく口説いてるあたり終わってる!最悪だ。風早くんの告白もなんか足りない気がするし、好きって聞かれて頷くだけの爽子も色々足りてない。ここまできてすれ違い方が激しい。しかしくるみちゃんがいい仕事する。落ち込む爽子に喝入れるとこ良かったな。ここまでかき回しといて未だ調子のいい健人くんに余計なことするなってハッキリばっさり言ったところも読んでて相当スッキリしたよ。なぜかありがとうくるみちゃんって思ったよ。もしや最後の展開は告白かな?早く次巻読みたい。

  • 5?10まで今日借りて今日読んで今日返した。ラブ全開なのに小ネタ満載で素晴らしい。それにしても、恋愛シーンより友情シーンで泣きそうになるのはなぜだろう。自分としては珍しい。

  • 150714読了

  • お互い好きだって告白してるのに、お互い「自分の好きと相手の好きは違う」って勘違いしている、なんとももどかしい巻。
    千鶴とくるみの一喝がそれぞれいい味出してる。
    くるみ、やっぱいいヤツ(笑)。

    そして風早君の切なげで哀しげで若干キレ気味の様子が萌えポイントな女子は私だけではないはず。

  • 名作!

  • 師匠のちょっかい

全195件中 1 - 10件を表示

椎名軽穂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×