君に届け 10 (マーガレットコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.49
  • (599)
  • (277)
  • (102)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 3581
レビュー : 279
  • Amazon.co.jp ・マンガ (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088464817

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 悶絶必至の傑作巻!!!!!!!!! 離れた距離を埋めるまでに哀しい感情がうまれたり笑顔が消えた2人だけど待っていたのがコレなら全てが必然でもいい…9巻からの流れが神懸かり的。
    あやねと千鶴の気遣い(嫌がらせ懸念)やピンの大人だからこその助言も2人をバックアップしたけれど、何よりも誰よりも風早が頑張っていた。冷やかしにも正々堂々すぎてこっちまで照れるしまつ!ほんといないかな風早!今巻は最初から最後までドキドキときめきが止まらないです。
    どうか壊れないで、誰も2人を揺るがさないで、2人よ自ら揺るがないで…と思わずにはいられません。

  • 爽子の告白。
    ごめんね、じゃなく、ありがとうの言葉。
    今の気持ち「好きなの」。
    そして自己嫌悪の爽子は言う。
    「下心ありすぎ」と。
    誰もが持つ下心。
    それすらも爽子は自分だけが自己中だと感じてしまう。
    みな、同じなのにね。
    風早はきちんと交際の申し込みをする。
    間違わないように。
    迷わないように。
    爽子の本気、風早の本気。
    そして、本気の失恋はくるみ。

    くるみは、本当に素敵。
    画策して、裏で手を回したりしたけど。
    正攻法、正々堂々とした爽子を認めた上でだ。

  • 面白かった

  • ついに爽子が風早くんに告白。拙い言葉って感じだけどすごい胸キュン。そしてジョーの邪魔加減ね!笑った。ピンもどうしようもない担任のようで意外といい事言って2人の背中押してるんだよね。なんとなくで通じる相手だと思ってるのかって爽子の事バカにしてるようで、すごく大切な事だよなーと思った。打ち上げや学校で風早くんが、自分がベタ惚れなんだって隠さず言えるところがいい奴だなーと思う。風早くんファンのざわざわ感と、数巻前にトイレで絡んできた子たちがまた爽子にちょっかい出そうとしてるところで、くるみちゃんの喝。くるみちゃん切ないけどいい子だ。

  • 5?10まで今日借りて今日読んで今日返した。ラブ全開なのに小ネタ満載で素晴らしい。それにしても、恋愛シーンより友情シーンで泣きそうになるのはなぜだろう。自分としては珍しい。

  • コミック・ラノベ・BL

  • 150714読了

  • 爽子と風早くんが
    両想いになれて良かったー(^^)♡

    きゅんきゅんするな~

  • ついに……!!両想いになります!!!
    しかし、外野が……酷いな(^^;)
    特にジョーが!タイミング悪すぎ(爆)。
    その上、内容がくだらなすぎるという。。。

    それでもそんだけからかわれまくってネタにされまくって、それでも堂々と公開告白し、何度も何度も公の場で自分の気持ちを宣言する風早くんは潔すぎてカッコいい。

    しかし「すき」って言葉を平仮名で書くと、何でこんなピュア度が増すんだろう
    爽子の告白は「好きなの」では絶対伝わらない。
    「すきなの」だからこそ、あのシーンがホントにいきてくる。

全279件中 1 - 10件を表示

君に届け 10 (マーガレットコミックス)のその他の作品

椎名軽穂の作品

君に届け 10 (マーガレットコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする