君に届け 13 (マーガレットコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.12
  • (271)
  • (285)
  • (161)
  • (11)
  • (0)
本棚登録 : 2898
レビュー : 164
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088466354

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 風早くんの家族にも会い、気に入られる爽子。学祭が終わり、修学旅行も間近で周りはカップルだらけ。
    修学旅行に行く班はいつものメンバー+アンディー。
    旅行の矢先、やのちんは突然見知らぬ他クラスの男子・茂木くんに告られ付き合うことに。
    純粋に好きな人と両思いになって付き合ってる爽子はいつ茂木くんを好きになったの?と聞くけど、そこは聞いたるな!とちょっとつっこみたくなる。

  • 第51話はみんなで海…青春…龍がかっこいい…
    なんでかケントが出続けているが…まぁ許せるキャラに変わったからええか。あやねと~?え~?(イヤそう)

    第52~53話は爽子が風早家を訪問。風早父、イメージ違いすぎる~
    う~
    マルがでっかくなってた!小型犬の類やと思っていたのに(苦笑)
    そしてまたにやにやしながらページをめくる…

    第54~55話は修学旅行編。好きな人と一緒にお泊まり!気合い入りますなv
    ところでまた新たな登場人物が。茂木くんはどういう位置づけなのかな~
    あやねは自分から人を好きになったことなさげ…

    龍をB組の女子が呼び出し!?いや、彼はぶれないから何も心配することないんやけど、ね。

  • 制服を着崩す、というのは真面目な人間からすると男女問わず、やってみたいことの一つかもしれない。スカートを短くされた爽子の海の場面からそんなことを思いました。なんだかなつかしい。

    海の場面はいいところが多い。千鶴と龍の会話だったり、あやねとケントの会話だったり。

  • 13巻まで。

  • とりあえず最新だけピックアップ。両想いになってちょっと自分のテンションも落ち着いちゃった感。ゲット続けるかは未定。

  • 全部今の宝物みたいな一言で

  • 付き合い始めて一歩進んだ爽子と風早。
    内容よりも、発売日当日が札幌旅行中だったこと。
    紀伊国屋で購入して、お昼にスープカレー食べながら読んで
    その数時間後に地震が来たことの印象が強すぎて。。

  • とりあえずラブラブな主役の2人は置いといて(笑)

    今回は周りが色々動き出した巻。
    矢野ちん、てっきりピンかと思いきや!
    今までにない龍の行動にとまどってるちづが可愛かったです。

    修学旅行で色々展開しそうな感じで14巻が楽しみ。

  • いつのまにか13巻が出てた。
    12巻では爽子の家にお邪魔した風早だけど、今回は逆。
    両家に顔合わせなんて早いな(笑)
    でも、確かにあんな家で育ったからこうして風早ができたのか、という納得の家庭。

    さて今回は周りがどんどん動き始めてます。
    龍とちづがいい!
    ちづちゃんとことん鈍感だけど、なんとなく意識しはじめちゃってるし。
    でもちづちゃん、上の台詞は告白してるようなもんんだよ。
    本人全然そんな気ないんだろうけど、龍にとっちゃ嬉しいよね。
    まぁこんな計算全然してないとこがまたいいんだろうけど。
    なんだかんだいって龍が一番恋愛上手なんじゃない?(笑)
    いい男だよ!

    「20分。俺のもんだろ?」

    って!(笑)

    そして鈍感で天然な友達二人の合間でのあやねちゃん。
    なんだか突然出現してきた男と付き合うようになったわけだけど
    どうも周りに気を使って付き合うようになった気がする。
    そしたら周りが気兼ねなくできるからって感じで。
    だってちづちゃんも爽子も真っ直ぐだしなぁ。
    一人だけ悟ってるので、
    あやねちゃんはやっぱ何処かお姉ちゃん的存在でいなきゃならないわけで。
    案外此処にくるみちゃんが加わるといい具合にバランス取れると思うんだけどなぁ。

    次回では龍が告白されるのかな?
    にやにやしながら、読めるので楽しみ(笑)

  • 爽子と風早の仲も順調に進み、夏になり修学旅行になり、周囲にも花が……!? 一番びっくりしたのは矢野ちん。早く次の巻出ろ!

全164件中 31 - 40件を表示

君に届け 13 (マーガレットコミックス)のその他の作品

椎名軽穂の作品

ツイートする