君に届け 16 (マーガレットコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.94
  • (170)
  • (253)
  • (182)
  • (13)
  • (0)
本棚登録 : 2369
レビュー : 205
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088467726

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 時々、言葉って無力だなと思う。
    心からの言葉が相手には届かなかったり、逆に思わず口走ってしまった心にもない言葉が相手を傷つけてしまったり‥。
    どうもうまくいかない。

    爽子ちゃんがあやねちゃんに伝えようとした気持ちも、それを素直に受け取れないあやねちゃんの気持ちも、どっちも判るような気がする。
    それと、風早くんの悩みも。

    これって永遠のテーマなんじゃないか。
    一生同じようなことで悩み続けることになるんじゃなかろうか。
    あぁ‥、嫌だ。悟りたい。

  • ちづ、龍との関係を初めつつ。
    あやねは健人の気持ちに戸惑いつつ。
    爽子は…風早とギクシャクしたままクリスマスを迎える。
    クラスで、沢山の人とのクリスマス。
    そのプレゼントを探している最中に、風早、健人とお茶。
    直前に爽パパに会う風早…
    そして始まるクリパ。

    波乱万丈の予感w
    巻末に「君に届け」のトリビュート収録。

  • あやねちゃんの気持ちの揺れ動きがよい。

  • この漫画で一番好きだったのは2巻で、矢野や千鶴への爽子のまっすぐな友情に心震えてたわけだが、今巻でも矢野を大切に思って涙を流す爽子が胸に来る。そこが素敵だった。

    ただ各自の恋愛はもうなんか面倒なだけっていうか。主人公カップルのすれ違いはもういいよ!風早はやりてーならやりてーなりにもっとうまくやれよ!自信持てよいいかげん!千鶴は前の巻ではっきり告白されてんだから、返事してやれよ!ふったらふったで大丈夫だよ多分!あやねちゃんはケントをふってやっぱりピンがとか言ったらすげえおもしろいけどね!

    あと直前に漫画の演出の工夫について読んでたから、独特なコマ割りの効果とか考えた。斜めに流れるように読めるようになってるコマが多い、とかだんだんコマが大きくなってったりズームしていったり、読み手のドキドキが大きくなっていくように表現されてる、とか。
    レビュー登録日 : 2012年05月11日

  • 前巻キュンキュンしすぎて、今回はなんか物足りなかったなー(´・ω・`)みんなの葛藤も分かるんだけどなー。。。

  • みんな一生懸命でさ、いちいち泣ける。
    そんな中で、ケントガールズが意外と癒しだ(笑)。

  • 風早がこういう行動を取ってしまう理由を忘れてしまったのだが・・・なにぶん現品手元にないもんで。なんか泣く。早く続き読みたいのにトリビュート邪魔と思ってごめんなさい。

  • ケントがイイ奴すぎてカッコイイ、あやねも幸せになれるといいね。

  • 風早‼

君に届け 16 (マーガレットコミックス)のその他の作品

椎名軽穂の作品

ツイートする