魔法使いの心友 2 (マーガレットコミックス)

著者 : 柚木麻子
制作 : 香魚子 
  • 集英社 (2013年2月25日発売)
3.51
  • (5)
  • (11)
  • (19)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :151
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088468976

魔法使いの心友 2 (マーガレットコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【あらすじ】
    魔美坂リサの魔界のプリンセス探しを手伝うことになった楠そよ。何でもできて美しいリサに憧れや、複雑な気持ちを抱きながらも仲良くなっていく。憧れだった涼平先輩と急接近したそよ。しかしリサが目的だったと知り落ち込む。リサへの黒い感情から、そよは抜けだし友情を復活させられるの…? 一方、リサは変化した涼平に惹かれていく。魔女が人間に恋することは禁じられて…。そして魔界のプリンセス候補は意外なところに…!?

    【感想】

  • 完結巻。
    すごく好きな終わり方だったなぁ。
    いつだって普通の女の子が一番強いんだよね。

    でも、1巻と2巻の間にもうちょっと話があるんじゃない?って思うくらい、お話が短くて残念でした。
    友情はたっぷり味わえたけど、恋愛分が物足りなかったかな。
    もう一波乱あったら、もっと盛り上がったかも。

  • 絵が可愛い!

  • 完結。まぁ、いいんじゃないでしょうか。
    魔法使いが人間の女の子を助けてくれる話は数あれど、逆のパターンは少ないかも。ケーキとパスタが食べたい。

  • 〝悪くないじゃん 変わり者〟

  • 全2巻読了。
    お別れエンドは悲しすぎるー(TωT)
    でも、そよがすごく成長していて、よかった!

  • 設定が王道っぽくて面白かったのに、思ったよりずっと早く終わってしまって残念でした…。

  • そこはかとなく漂う打ち切り臭
    魔法少女は国立から出ると力を失う、とかスピード写真のボックスが魔界と繋がってるとか設定が好きだったので残念

  • あっと言う間の最終巻。猛スピードな展開で、不完全燃焼のまま終わってしまった。まさかの強制打ち切り。この設定ならまだまだ話は作れたはずだし、原作者の構想は1割くらいしか実現していないような気がするが。人気が出ないうちに打ち切りとはもったいない。別マでなければ、こんなに早く打ち切られることはなかったと思うけど…。掲載誌を間違えたのかもね。

  • 柚木麻子×香魚子。
    そよが自分の気持ちと向き合って成長して、リサと親友だと胸を張って言えるようになったのが嬉しい。そよが色んな意味で吹っ切れて晴れ晴れとしていてまぶしいくらい。逆に強気なリサが今回自信を失って弱気になるところも、人間っぽさが窺えてよかったと思う。
    そして友達と関係が変わっても、また新たな関係ができたり。かれんと彼女の関係に驚いた。
    2巻完結ではなく、もう少しゆっくり話を進めてもよかったかも。
    香魚子さんの次回作も期待。

全12件中 1 - 10件を表示

魔法使いの心友 2 (マーガレットコミックス)のその他の作品

柚木麻子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

魔法使いの心友 2 (マーガレットコミックス)はこんなマンガです

ツイートする