ジョジョの奇妙な冒険 13 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.71
  • (71)
  • (39)
  • (130)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 840
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088510699

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 花京院のスタンド名が最初「法皇の緑(ハイエロファント・エメラルド)」だったが途中から「ハイエロファント・グリーン」に変更になっている。アヴドゥルがディオに会ったときの、カメラアングルが絶品。ジョセフ、「隠者の紫(ハーミット・パープル)」だけじゃなくて「波紋疾走(オーバードライブ)」もまだ出せるよ、というところを披露。

  • ホリィ!

  • おお、やはりスタンドっちゅうのは画期的なアイデアだなあ。波紋と比べ、表現の幅がぐいっと広がったのがわかる。
    にしてもディオ、悪の総帥のようになっとるが、所詮は「食物」にすぎないのではなかったか?

  • かきょーいん。

  • アニメ始まったのを期に読みたくなっちゃって。
    気付いたんだけど、私三部読むの初めてだ!?
    アニメで見てたんだな…

  • 13巻

  • いまさら説明の必要もないジョジョ。一番好きなのは第4部で一番好きなキャラは花京院です。3部、4部の味方キャラはみんな魅力的。好きなスタンドはクリーム、ザハンド、メタリカ。共通したデザイン。簡単に重要キャラが死ぬマンガは良い。ちなみにプレステの格ゲーはかなりの名作。アレッシーとデーボを使います。

  • 当時北斗の拳と同時期で絵柄が似ていた為パクリ版とも言われた?
    北斗の方は未読だが、内容は違うみたいなのでこれはこれで斬新だったのでは
    当時の流行だったのか全体的にむきむきしている
    昔はこういう絵柄はおじさん向けという印象が強かったが今このシリーズは結構抵抗なく見れた 深くは考えない 何回か読み返して抵抗感は消えた 
    後各精神年齢が全体的に高い気がする いくら自分が年齢を重ねてもこの人たちに追いつける気がしない ここの高校生にさんづけしてもいつまで経っても違和感ゼロだろう


    承太郎VSアヴドゥル
         VS花京院
    不良のレッテルを貼られているらしいが悪霊憑いたと知るや自ら檻に入り留まろうとしたり、積極的に殺そうとする敵に対しても極力殺めようとしない辺り本質的な悪ではないのだなと思った

    今でいう敵が仲間に加わっていく上である意味王道的展開だが当時はまだ斬新だったのだろうか
    それを踏まえても熱い展開だなと思った



    あと花京院VSクワガタ

  • エメラルドスプラッシュ!

  • 高校生活してる承太郎は当たり前なんだろうけど何故か面白い
    多様なスタンドはどれも見てて楽しい

    花京院かっこいいじゃないですか…先に見たOVAではなかったところなので嬉しい

全36件中 1 - 10件を表示

ジョジョの奇妙な冒険 13 (ジャンプコミックス)のその他の作品

荒木飛呂彦の作品

ツイートする