ジョジョの奇妙な冒険 37 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.73
  • (59)
  • (26)
  • (104)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 781
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088514079

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ●吉良登場。

  • 吉良はほんとについてないキャラ。過去作で誰が似ているか考えると、花京院+ホル・ホースといったところか。吉良は穏やかな暮らしをしたいだけ。自分の道を追求する、由花子やトニオや露伴などと一緒。ただそのための行動が犯罪行為であるところが違うのだが。

  • 吉良吉影。

  • 第四部はいったい何が目的で続けているのかいっこうに見えない。
    まあ「最強の敵」っぽいのがまた出てきたのでかろうじて星2つ。

  • 吉良吉影は静かに暮らしたい
    杜王町の人々
    山岸由花子はシンデレラに憧れる

  • 37巻

  • 不覚にも吉良視点で緊張しながら読んでいた
    しかし由花子さんのつっぱしり具合はいっそ可愛いですね

  • 辻彩のシンデレラはなんだかジョジョらしさを感じない。
    運命線を操ってなんでも思い通りになるのなら、自分の身を守ることも簡単そうなのに。

  • 四部は息つく暇がないくらい濃密だなぁ。

    「重ちーが殺された次の話が、ホラー気味の、恋する女子高生がメイン」っていう荒木先生のバランス感覚は凄いよなあ。
    語感も凄い。
    「吉良吉影は静かに暮らしたい」「山岸由花子はシンデレラに憧れる」
    特別に難しい言葉を使ったわけではないのにソレを感じさせる。

    「杜王町の人々」のドドドド、ゴゴゴゴ感もドキドキする。

  • そんなサラリーマンが同じ会社にいたらやだね。いそうだけど。

全20件中 1 - 10件を表示

荒木飛呂彦の作品

ジョジョの奇妙な冒険 37 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×