ジョジョの奇妙な冒険 39 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.72
  • (54)
  • (30)
  • (103)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 784
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088514093

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ●吉良の父親戦。

  • 鈴美や重ちーなど、霊的な存在のおかげで、「死んでしまったらおしまいで、とても悲しいことだ」という感じは薄れた。第三部でDIOとエンヤ婆が短期間で敵スタンド使いを集められた謎もこの巻で解明される。

  • 吉良吉影→川尻浩作。

  •  VS吉良吉影、決着。
     結果的に吉良には川尻となって逃げられてしまうけれど、承太郎の言うとおり、「精神的には勝利」した戦いだった。
     この巻は吉良の狂気の一面が後半にも渡って幾つも見られる。他人をブン殴っておきながらティッシュを渡す。殺す前にわざわざ相手の靴下の裏表を直す。爪の長さを測る、保管する。なかでも鼻血を出している敵にティッシュを差し出す行為は、第八部『ジョジョリオン』における東方常敏と同一で不気味だ。
     しかし満身創痍かつ逃走中であろうと「かつて」の同僚に対し挨拶する姿は、変な日本人の癖を踏襲しているというか、日本人味があってどこか憎めない。
     それでも「てめー自身のためにだけに、弱者を。ましては女を利用し、踏みつける」吉良吉影は正に「吐き気を催す邪悪」だ。
     ただ作中では明かされないが、裏設定として吉良の殺人衝動には母親の虐待という理由がある。父親が吉良を守ろうとするのも、母親の虐待を止められなかった自分に自責の念があったからだという。
     ただのサイコパスの殺人鬼、とは言い難い、一般人と狂人が同居した人間、吉良吉影。これから始まる川尻浩作としての逃走劇に目が離せない。

  • ちょっとずつ物語は進み、面白さも持ち直している感。
    でもしつこいが承太郎の弱体化。。。オラオラ攻撃してんのに、敵はまだ動けるなんて、ねえ。

  • シアーハートアタック
    アトムハートファーザー

  • 39巻

  • 「いい時計だな」からのこの台詞も承太郎の台詞だったのか…かっこよすぎる
    彩さんは戦闘に参加できなさそうなスタンドだなと思ってたらまさかこんなことに

  • 4部はボスキャラがいまいち魅力がない。
    強すぎるからかもしれないけど、ディオやカーズ、ブッチ神父に比べるとカリスマ性を感じないんだよなぁ。
    平凡さの中にある狂気というのはわかるんだけど。

  • 吉良がなぜ辻彩を知っていたのか問題。

    吉良が辻彩の手を狙っていた?二人が以前恋人関係にあった?
    その二つくらいしか思い浮かばんな。

全19件中 1 - 10件を表示

荒木飛呂彦の作品

ツイートする
×