DRAGON BALL 36 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.65
  • (37)
  • (25)
  • (81)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 448
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088514956

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「超サイヤ人のバーゲンセールだな」

    ちょっとした日常回が続く。
    こういう話も結構好き。

  • サイヤ人ニート疑惑…!!
    それが一番ショックだったよ…!
    ベジータも悟空も奥さんお金持っててよかったね…。

    魔人ブウ編の序章はほんわかしてていいですね。
    ビーデルちゃんがかわいくて好き。

  • ドラゴンボール新章突入!
    あの悟空がとうとう主人公の座を降りてしまったので
    雰囲気ががらりと変わったような気がする
    あぁ...(´Д⊂)

    こちらは強大な敵が立ち向かってくるという重たさが無くなり
    原点回帰のような感じで良いなぁ
    アメリカっぽい雰囲気も良い

    新キャラはもちろん登場するけど、
    再び成長したトランクスや悟飯に会えるし、
    つい前の巻のことなのに、とても懐かしい気分になってしまいました
    久々の天下一武道会も!

    結局はこちらもこちらで楽しかった
    グレートサイヤマンの時の悟飯…ノリノリだなぁ笑

  • 悟空がいなくなった世界で、平和ボケしてる悟飯たち。
    ベジータもすっかり地球の生活に馴染んでる。
    そんな世界感で、「グレートサイヤマン」とか笑えたな~
    新たな強敵「魔人ブウ」の復活を目前に控えるなか、悟天&トランクスの活躍に期待が膨らんでしまう。
    今や、「スーパーサイヤ人」は標準化…

  • 忘れてたねえ。こんな展開。
    今までとは随分違う雰囲気。
    かといって初期のギャグ漫画よりというわけでもないし。

    いろいろあるけど、普通におもろいです。

  • グレートサイヤマン!笑

  • いい作品だと思います。ドラゴンボールはかなりおもしろいです。

  • ジャンプでリアルタイムで読んでました(笑)
    当時何歳だろ・・・小学校低学年かな・・・笑

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

鳥山 明(とりやま あきら)
1955年、愛知県生まれの漫画家。1978年に『週刊少年ジャンプ』にて読み切り作品『ワンダーアイランド』でデビュー。1980年に『Dr.スランプ』を連載開始し、大ヒット。TVアニメや映画化され、第27回小学館漫画賞少年少女部門を受賞。1984年『ドラゴンボール』を連載し、世界をまたにかけたヒットに。「ドラゴンクエスト」キャラクターやモンスターのデザインをシリーズ通じ手がけている。『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』で2000年文化庁メディア芸術祭デジタルアート・インタラクティブ部門大賞を受賞。また、『ドラゴンボール』で2006年日本のメディア芸術100選マンガ部門3位選出、さらに2019年5月31日にフランス政府から芸術文化勲章を授与されている。

DRAGON BALL 36 (ジャンプコミックス)のその他の作品

鳥山明の作品

ツイートする