DRAGON BALL 19 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.68
  • (42)
  • (22)
  • (89)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 446
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088516165

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「こんなやばいときだってのにわくわくしてきやがった!」

    vsナッパ。
    主人公が強敵相手に無双するのはカッコ良い。

  • 悟飯をかばって死ぬピッコロ。だ・・・だが悟飯・・・オレとまともにしゃべってくれたのはお前だけだった・・・貴様といた数ヶ月悪くなかったぜ。。。ピッコロさんまじ泣ける。そして魔閃光炸裂!

  • ナッパ戦!!ついに悟空の帰還!!
    この巻はいままでより迫力がパワーアップしていてすきです!(/▽\)

    身代わりになってしまったピッコロと餃子が死ぬシーンは少しホロリ。ピッコロはいいヤツだ…
    悟空と仲間達の力量の差が大きく開いてきていることに違う意味で涙…
    そんな仲間達に比べてさすがに悟空やメインの敵はカッコよく描かれてますね。

  • ナッパの圧倒的な強さに、地球は本当にサイヤ人に侵略されると思ってしまった。
    当時、ジャンプでは「悟空早く来てくれっ!」って毎週思ってた。
    あと、界王さまが、日にち間違えたのを、憎らしく思ってた。そのせいでピッコロたちが死んでしまったようなもの。

  • [売却済]
    奥付:2002/7/17 66刷
    売却:2011/1/21

    『いそげ!孫悟空』

    い…いよいよ寿命が/お…おわるようだ……
    ご…悟空はまにあわなかったか……
    だ…だが……/ピ…ピッコロは…/さ…最後の最後で/…神のわたしを超え…た……/う…うれしいぞ……

    な…なさけない話だぜ……/ピ…ピッコロ大魔王ともあろう…ものが……
    ガ…ガキをかばっちまうなんて…/最低だ……/……へ…へへ……

    き…きさまら親子のせいだぞ……/あ…あまさが…うつっちまった……
    だ…だが…/悟飯……/オ…オレと…/ま…まともにしゃべってくれたのは…/おまえだけだった……

    き…/きさまといた数か月……/わ…わるく…なかったぜ………

    死ぬ…な…よ……/悟………飯…………

    1ページにも満たないのにね。鳥山さんはすごいと思う。
    このあとの魔閃光も…くぅぅっ。

  • 細かい描写はアニメの方が上だなあ…

    餃子ザコすぎw
    天津飯犬死すぎw


    しかし感動的なのはやっぱりピッコロ。
    あの死に際のセリフとか、泣かせるねえ。
    地球を、なめるなよ!!!


    「ピッコロは…最後の最後で…神のわたしを 超えた…」
    …え?????


    ラディッツの時はわくわくしなかったのに、ベジータの時は
    わくわくするとはコレいかに。

  • ピ…ピッコロさああああああん!!!
    (2009.5.20 第90刷)

  • 負けちゃうよ〜〜〜

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

鳥山 明(とりやま あきら)
1955年、愛知県生まれの漫画家。1978年に『週刊少年ジャンプ』にて読み切り作品『ワンダーアイランド』でデビュー。1980年に『Dr.スランプ』を連載開始し、大ヒット。TVアニメや映画化され、第27回小学館漫画賞少年少女部門を受賞。1984年『ドラゴンボール』を連載し、世界をまたにかけたヒットに。「ドラゴンクエスト」キャラクターやモンスターのデザインをシリーズ通じ手がけている。『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』で2000年文化庁メディア芸術祭デジタルアート・インタラクティブ部門大賞を受賞。また、『ドラゴンボール』で2006年日本のメディア芸術100選マンガ部門3位選出、さらに2019年5月31日にフランス政府から芸術文化勲章を授与されている。

DRAGON BALL 19 (ジャンプコミックス)のその他の作品

鳥山明の作品

ツイートする