DRAGON BALL 1 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社 (1985年9月10日発売)
4.00
  • (497)
  • (160)
  • (478)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 2018
レビュー : 279
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088518312

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 無印時代が一番好き!

  • 1~42巻(全巻)

  • 「龍の神様があらわれてどんな願いでも ひとつだけ叶えてくれるのよ!」

    国民的名作漫画を読み返す。
    最初の方は可愛い冒険ストーリー。
    意外とこの頃も好きかもしれない。

  • もちろん知っている大名作ですが、読み始めたら一気に読み進めちゃうやっぱりすごい作品でした。
    小さい頃、アニメで見ていたので、漫画で読むと、そうかこんな話だったか、ということも。
    敵だったはずのに、つい親心が芽生えて面倒見のよいピッコロ大魔王がすきです。

  • 悟空子供時代がいっちばん好き!
    敵も味方もみーんな可愛い!面白い!
    鳥山明の描く動物や機械が今でも1番好きだなぁ。

    ところで小助さま力丸さまが大好きなのだけど、登録されていないのね…
    VHSまだ実家にあるかなぁ…

  • 1300エントリ目。このサイト、いつまで続けられるか分からないので(最近疲れてきた)、今回は予定を変えてアンタッチャブル(?)な王道をもってきた。7月から始まったアニメ「ドラゴンボール超」が、本編の正当な続編になっていて、これが地味に面白いのである。18年ぶりの新作ながら、ドラゴンボールが面白かった頃(←ここが重要)のワクワク感を丁寧に伝えていると思う。私が最初に自覚したコスプレ願望(当時はコスプレなどという言葉はなかったが…)は、17歳バージョンのトランクスだし、私にとってやっぱり重要な作品の1つ。ジャンプコミックス全42巻。
    #今年の冬コミネタ、トランクスにしようかな…。

  • 長男、小2、あられちゃんを読破し、ドラゴンボールへ突入。

  • 鳥山大先生の絵のうまさって今になってすっげえわかる

  • 漫画を語る上で欠かせない、というか読んでいるのが前提のような存在。

  • 言わずと知れた金字塔。The 少年漫画。全42巻。

    一時期の月曜日はこれのためにあったっていうくらいの漫画。
    「フリーザ倒したところで終わるべきだったよな」とか言ってた人造人間編・ブウ編も、今読み返すと普通におもしろい。

    少年漫画らしいツッコミどころに笑ったり、その一方で冷静に読むと悟空が人間味の乏しいバトルマニアに過ぎないことがわかって複雑な気持ちになったり、楽しみ方さまざま。色あせない。
    特に少年時代は世界観からメカニックから、鳥山明ワールド全開でオラワクワクすっぞ!の勢い。

    そういえば巻末に各回の扉絵を集めた漫画って、ドラゴンボールしか知らないな。
    毎週あれだけ描ける鳥山明はやっぱりすごい。パソコン執筆やめてこの頃の絵を取り戻してくれないかなぁ。

全279件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

鳥山 明(とりやま あきら)
1955年、愛知県生まれの漫画家。1978年に『週刊少年ジャンプ』にて読み切り作品『ワンダーアイランド』でデビュー。1980年に『Dr.スランプ』を連載開始し、大ヒット。TVアニメや映画化され、第27回小学館漫画賞少年少女部門を受賞。1984年『ドラゴンボール』を連載し、世界をまたにかけたヒットに。「ドラゴンクエスト」キャラクターやモンスターのデザインをシリーズ通じ手がけている。『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』で2000年文化庁メディア芸術祭デジタルアート・インタラクティブ部門大賞を受賞。また、『ドラゴンボール』で2006年日本のメディア芸術100選マンガ部門3位選出、さらに2019年5月31日にフランス政府から芸術文化勲章を授与されている。

DRAGON BALL 1 (ジャンプコミックス)のその他の作品

鳥山明の作品

DRAGON BALL 1 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする