ジョジョの奇妙な冒険 48 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.69
  • (56)
  • (40)
  • (118)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 845
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088518985

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ギャングスターへの道楽しみ。

  • 作者は第五部になって編集部の表現規制が厳しくなったと語っている。表現規制を肯定するつもりはないが、第五部は以前と比べて無関係の人を巻き込むことに躊躇がなくなっている。主人公側も自動車を盗むなど手段を選ばない。過去の敵の吸血鬼や柱の男は人間ではなく、そもそも人間の倫理観を期待できない。彼らが人間に害悪を及ぼしても、人間の倫理観に影響を及ぼさない。しかし、第五部は人間と人間の対決である。そこで平然と無差別攻撃が行われることは胸糞が悪くなる。

  • スタンド能力の紹介が見やすくなった。冒頭からブチャラティの顔が痛そう。ブチャラティ、ジョルノ、ポルポ、広瀬康一が順番に絡み合って、ギャングへの第一歩を踏み出す。康一は第4部での経験を伝えるメッセンジャー役?

  • 入団試験。

  • 「無駄無駄無駄無駄……」がよかった。

  • 48

  • 消えてからが本番じゃないか…
    命を与え終わらせることも出来るってこういう使い方もあったのか。
    やると言ったらやる『スゴ味』や花を咲かせたところは寧ろジョナサンを思い出したんですが、終わらせるってDIOっぽいと思った…ディオも新しい命を与えてはいる訳ですが

  • ジョルノ、カワユス。こういちクンよりも、だ。

  • ブチャラティのジッパーの能力は、いろいろ応用があって面白い。
     
    ギャングスターになる夢のため、ポルポの試験を受けるジョルノ。
    「遠隔自動操縦」タイプのスタンド・・・
    やっぱり多少なりとも本体にダメージあると思うんだけどな~
    吉良戦のときは、吉良の腕に「エコーズ3」のダメージいってたし・・・
     
    ・「ブラック・サバス」ポルポ

  • ブラック・サバス。
    シェイクスピアっぽいかな…?
    元ネタはイギリスのヘヴィメタルの元祖と言われているバンド。

全23件中 1 - 10件を表示

荒木飛呂彦の作品

ジョジョの奇妙な冒険 48 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×