ジョジョの奇妙な冒険 49 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.71
  • (58)
  • (33)
  • (117)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 821
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088518992

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ムーディー・ブルース最高の能力。

  • 吸い取らせて飲むふりだとしてもそんなことできる!? 自分を犠牲にして、仲間による救出を賭けるというのが、意外性、信頼というキーワードとの親和性につながる。釣り針は痛そう。

  • 船。

  • 展開としては第三部と似たようなものなのかな。
    違いとしては、「強い」以外のいろんな特殊能力が出て来ること。「強さのインフレ」がないことは望ましいし、戦いの表現の幅が広がるという点でも結構期待できるな。

    ただ世界観が、いまいち小さいのがちょい不満。
    やっぱ「世界を救う」くらいなのが僕は好きだなあ。

  • 49

  • ガオンっていうからてっきり削り取られたものだとばかり…
    そしてピストルズかわいいな

  • 絵柄は違えど、若干のワンピース臭?\ギャング王になる!/的な。あ、逆か。ワンピースがジョジョにインスパイアされたのかな。

  • 組織に入ったジョルノ。
    ボスに近づくため『力(=ポルポの遺産)』を手に入れようとする。
     
    第5部はチームとしての戦い・・・
    ジョルノなら、きっと『信頼』を得ることができるだろうな~
    今回出合った仲間たちが、どんな能力なのか楽しみだ。

    ・「ムーディ・ブルース」アバッキオ
    ・「ソフト・マシーン」ズッケェロ

  • ギャングとしての心得とメンバー紹介。
    イタリアならマフィアじゃないか…?

    ポルポは言ってることは味のあるキャラだったね。

  • 荒木飛呂彦

全21件中 1 - 10件を表示

荒木飛呂彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×