こちら葛飾区亀有公園前派出所 2 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社 (1977年9月10日発売)
3.47
  • (3)
  • (9)
  • (20)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 151
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088528120

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • キャラクターの個性がハッキリしてきた印象がある。千葉県警とのいざこざとか、すき焼きの回が好きだけど、最後の新幹線が今ひとつだから巻全体の印象も今ひとつな感じかも。締めって重要だ・・・!

  • 病院の待合室にあったのでその2。

    こんな漫画なんだ・・・。
    読んだ事なかったけど、時代やハヤリモノが解って面白いですね

  • すごく自由だ。こんな警察官だめだろう。それが現実の警察官と対照的で面白い。両さんの周りの人たちは優しすぎないか?いろんなもの壊しすぎないか?今時らしくないところが妙に新鮮でよいのです。

  • 4〜5

  • 「にくいヤツ」の回の扉絵に山止たつひこさんの落書きが書いてあります。「原稿は早めに、言い訳はひかえめに。〆切りを守り好かれる人間に」だそうです<(; ^ ー^)。

    この巻でも両さんははちゃめちゃで、派出所でスキヤキやろうとしたり、酒は持ち込んだり・・・。
    でも年の瀬をホームレスと酒を酌み交わしながら過ごしたりと、今とちょっと感じが違いますね。

    最後に、両さんが野球の助っ人を頼まれる回があるのだけど。
    ルールさえ知らないと言う設定。
    いつ頃から、最強の助っ人に様変わりするのかヾ(▽^;)ゞ。

  • 子供の募金を遣ってはいけません。

  • 小学生から集めた募金ですきやきを敢行@派出所。
    (そして客人からのリクエストに応えて発砲。)
    やはり昔のほうが何かと破天荒でよいですね。

  • 今更ですが、「こち亀」は面白いです。登場人物の個性の強さも、1話1話の話の展開も、よくネタが尽きないなあと読んでいて常に唸らされます。僕のドンピシャこち亀時代はだいたい60巻くらいから100巻くらいまでなのですが、特にその辺りの巻は繰り返し読んだものです(今もたまに読み返しますが)。

    今年は連載30周年で、また再び盛り上がりを見せていますよね。4年おきに登場する日暮さんが、すでにレアキャラでなくなっているところがすごいです。

全8件中 1 - 8件を表示

秋本治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×