フィメールの逸話(2) (セブンティーンコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.83
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784088542065

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ジェンダーと恋愛をファンタジックに表現した名作です。

    主人公の憧れの彼が「ちょっとカッコいい普通の男子高校生」なのに、デビッド・ボウイにしか見えないのはあまり気になりません。

  • 少女としての生活を謳歌する和音(かずね)=慧(けい)
    だったが、
    将(たもつ)には、
    相手が「少女の姿をしながら心は男だった慧である」
    ということが受け入れがたい。
    が、紆余曲折を経て「彼女が好きだ」と
    自分の本心を確認するに至る。
    しかし……。
    丸く収まるかと思ったのに、なんという悲しい結末(´Д⊂ヽ
    将くんはずっと一人ですべての秘密を抱えていくんだなぁ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

2001年、大阪外国語大学大学院より修士号取得。2007年、大阪外国語大学大学院より博士号取得。現在は東京をベースに翻訳・通訳・プライベートレッスンを行なう。著書に『旅の指さし会話帳(31)デンマーク』(情報センター出版局、2002年)『デンマーク語慣用表現小辞典』(共著、大学書林、2003年)

「2017年 『デンマーク語のしくみ《新版》』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木雅子の作品

フィメールの逸話(2) (セブンティーンコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×