NANA―ナナ― 7 (りぼんマスコットコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.40
  • (138)
  • (83)
  • (648)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 1766
感想 : 48
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088564135

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • シンちゃん「ごめんね ケーキおいしかった」って胸キュン★なんとなくハチとノブはくっつくとけっこう前から思ってたし、タクミと奈々の縁はこれではきれていないなと思っていたことを当時自慢してたな。

  • 【持】

  • 再読。第21〜24話収録。タクミは相手が精神的にまいっている時に上手く登場するからモテるのかも、と思った。あとヤスから聞いたレイラについての一言、タクミだからこそ言える台詞ですね…。キザと思いつつ、ついときめいてしまったよ(>_<)そして、タクミとあれで別れたと思うハチに驚いた。タクミの性格分かってるだろうに…終わりになんてならないこと。レンも黙らずタクミに言ってくれれば…ノブとハチは幸せだったのかもと思ったり。

  • ライブを重ねる毎に歓声が大きくなっていく『ブラスト』。そんな中、プロデビューのかかったライブは大成功を収めたが、ナナたちの輝きを目の前にした奈々は…!?

  • みんながみんなボタンかけちがえてるような、チグハグでいたいたしー

  • うわ~、いいな~ノブ。
    男としては、やっぱノブだよね。
    なんか、久々にハッピーエンドな感じがしてホッとした巻。

  • やっぱりノブとくっつくのが一番いいような気がします。

  • ☆ 2004-2001

  • 多分、目をつぶって、

    「痛くない…」

    と唱えれば、意識しなくなるぐらいの傷なのに、どうしても、そこに目がいってしまう感じがありますねぇ。

    今のノブでは、奈々を理解しきれない部分があるので、このカップルは危険だと思います。

    次は、なんと7.8巻だそうです。

  • 14/05/2008

全48件中 1 - 10件を表示

矢沢あいの作品

ツイートする
×