キラキラ100% 1 (りぼんマスコットコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.60
  • (33)
  • (27)
  • (78)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 266
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088565125

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • パッとしない女子高生が憧れの格好いい男の子と付き合うことになって、という常道の少女漫画。
    あたしも美人に生まれたかったって最初の時点で十分かわいいけどね。

  • 本当はみんな自分のことを好きになりたい。
    愛してあげたいと思ってる。
    変わるために一歩を踏み出す勇気をもらえる作品です。

    イマドキ風でも
    水沢めぐみ先生節100%☆

  • これぞ水沢めぐみである!!
    りぼんってこうだった!の王道だねー。
    今でもこうして書いてくれているのが嬉しい。
    まさしくキラキラで100%であるのだ。
    友情と恋愛と青春である。
    今の子ってこういうの読まないんだろーなー。
    もったいないと思う。

  • みくは地味系の女子高生。誰にでも分け隔てなく接してくれる
    クラスメイトの渋谷くんに片想いしているが、自分に自信のないみくは
    ただ遠くから渋谷くんを見ているだけ。
    しかし、ある日同じくクラスメイトの祐天寺の予期せぬおせっかいのおかげで、
    みくは渋谷くんと付き合うことになり・・・。


    元々水沢めぐみさんの漫画が好きだったので
    本屋さんでぱらぱら立ち読みしつつ買ってみたら、
    見事にはまってしまいました(*´∀`)
    タイトルの通り、全体的にキラキラした世界観でとってもかわいいです。
    地味で性格も暗かったみくが、ちょっとのきっかけで
    どんどんかわいくなっていくところは、ベタだと思う人もいるかもしれないけど
    やっぱり憧れちゃうなぁ*
    「女の子は誰でもキラキラの要素を持っている」ってテーマは王道だけど素敵☆
    私は渋谷くん派だけど、祐天寺のさり気ない優しさが好きって人も多いみたいですね(・ω・)

  • <1〜5> 祐天寺とどうにかならなさそうなところがいい◎

  • *-*☆ 女の子はいつだってキラキラ輝いていたいのです ☆*-*

    いつのまにか水沢先生も 『 りぼん 』 → 『 クッキー 』 へと移行。
    水沢先生の漫画はいつもふんわり優しくて。
    読んでいて心地よいです。

    『 きっかけは一本のビューラーから。 』

    女の子ってほんの些細なことがきっかけで
    ある日突然 キラキラと輝きだすものですよね。
    コスメひとつで。 髪型のひとつで。 そう! 変われちゃうものなのです!

    水沢漫画特有の、チョットくすぐったくなるような、
    そんな胸キュンも健在で。


    水沢先生の描く男の子が、小学生の頃から 大好きなのです。


    *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

  • 地味系のみくは学園(クラス)の人気者の渋谷くんがすき。
    自分に自身が無くて彼にはかなわない。ライバルは皆きれいな子ばかり。
    きっぱりふられようと諦めていた。だけど友人の男の子「祐天寺」の強い言葉、一言や行動によって彼女はおしゃれ、本当の自分に目覚めて
    どんどん変わってゆく。

  • まさに純愛。主人公とその彼氏の気持ちがよく伝わってきます。まだぎこちない2人のパーセントが毎回毎回のキーワードです。

  • みくの自信のないところとか不器用なところを自分に重ねてしまって、すごく感情移入しちゃう。みくと渋谷くんのことは読んでて応援したくなりますね。

  • 悔しいけど面白い。作者40才だってのに。笑 地味な女の子がどんどんキラキラ(笑)していくのとか、かなりツボだしw感情移入度120%wおすすめ。

全37件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

大阪府出身。1979年、少女まんが誌「りぼん(集英社)」にて『心にそっとささやいて』でデビュー。1992年にテレビアニメ化された『姫ちゃんのリボン』をはじめ、数々のヒット作を生みだしている。

「2017年 『マジカル★ドリーム キラピチ5 2巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水沢めぐみの作品

ツイートする