NANA―ナナ― 13 (りぼんマスコットコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.43
  • (140)
  • (81)
  • (591)
  • (11)
  • (0)
本棚登録 : 1700
感想 : 73
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088566337

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • NANA電車の記事で、初めて京都に住んでいた頃は、『風光る』のイラストが描かれている市バスが走っていたなあって懐かしくなりました。『NANA』と関係のない話ですみません。

  • 【持】

  • タクミに釘刺されるシンちゃん切ない…

  • おいノブ!

  • どろどろですね。

  • ナナだったりハチだったりが独白している台詞を読んでいると、どうも事態は好転しないようでもどかしいです。

  • ★ 2005

  • 朝美は、奈々と同じような性格なのかなぁと思います。まあ、もうちょっと極端な感じ。でもそれは、いい友だちが少なかったからかもしれません。
    奈々は、なんだかんだいっても、面倒見てくれる人がいっぱいいる感じです。
    でも、男なら、言われてみたいですよねぇ。あのセリフは。

    美雨は、あきらかに、ノブを試して、そのせいで自分で傷ついてる感じですねぇ。
    このあたりは、自業自得で性格悪いといえなくもない(というか悪い)けど、それでも、こうやって、自分の中でグルグルする子は、けっこう好きだったりします。
    ヤッさんとくっつくのかな?

  • 07/07/2008

  • シンとレイラの誕生日パーティーに招待された奈々。ノブもタクミも居る場所に行くことを躊躇するが、シンのために行く決心をする。そして、パーティーが始まり…?

全73件中 1 - 10件を表示

矢沢あいの作品

ツイートする
×