ゼロ 1 THE MAN OF THE CREATION (ジャンプコミックス デラックス)

著者 :
  • 集英社
3.60
  • (5)
  • (3)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 59
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088586212

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この世の全てのモノを「本物」にする贋作者…
    その全てが完璧で、むしろ「創造主」(ザ・マン・オブ・ザ・クリエイション)と
    呼ぶに相応しい男・ゼロ。
    惜しくも連載は終わってしまいましたが、最終巻まで数えると約20年間
    連載された中で、その記念すべき第一巻。
    設定は決まっているようですが、細部などは割とアバウトな感じで、ややトンデモな印象もうけます(笑)
    ですが、この第一巻の最後に収録されている「チャンカイのマドンナ」では
    芸術系漫画としての、真面目を発揮したように思えます。
    芸術系のお話しと、トンデモ(?)好きな人にオススメです。

  • オールバックに白スーツ、至高の贋作者ゼロの活躍を描くアートロマン人情漫画。
    第1話でいきなりゼロの秘密が分かります。

  • スイス銀行オールゼロの口座と言えば…。毎回、芸術や考古学の蘊蓄が楽しいが、たまにトンデモ系の話があって、それも別の意味で面白い。

  • <07/1/31読了>

  • 第1話の回想シーンでゼロの贋作者へのきっかけが描かれています。

  • 「本物はひとつでいい」ギャラリーフェイクよりもザ・シェフよりも静かに熱い。美術を超えた人類の英知をマンガにする凄さ!

  • よお〜しパパ、神の手で贋作作っちゃうぞ〜ッ!!

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1978年「ロックシティ」でデビュー。1990年にスーパージャンプにて連載スタートした「ゼロTHEMANOFTHECREATION」は21年におよぶ人気連載となり、単行本は78巻を数える。本格時代劇漫画は本作が初となる。

「2016年 『江戸常勤家老 隼人の剣 ③』 で使われていた紹介文から引用しています。」

里見桂の作品

ツイートする
×