SLAM DUNK 完全版 1 (ジャンプコミックス デラックス)

著者 :
  • 集英社
4.13
  • (613)
  • (102)
  • (452)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 1987
レビュー : 283
  • Amazon.co.jp ・マンガ (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088591902

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ジャンプ掲載時、読んでました。
    ただ、ちゃんと読んでみよう!と思えたのは、連載も終了してずいぶん時間が経ってからでした。
    どちらかというと、井上雄彦さんの仕事っぷりに興味が湧いたので読書開始。

    大人になってから読んだ方が、確実に泣かされます(笑)
    バスケットが好きでなくても、バスケットに対する情熱が苦しいほど感じられる作品です。

  • 既読だが完全版を読み返し。
    サイズが大きいので表紙の絵が迫力があって良い。

    如何にも当時の少年漫画要素もあって、
    そこが駄目な人は駄目かもしれないが
    今読み返してもやはり色あせないなと思う。

    花道の憎めないキャラが好きだ。

  • バスケ馬鹿

  • 後にも先にも安西先生が一番大好き。
    コミック版では安西先生が倒れた後のベットで寝返りを打つオマケが凄く良い。

  • 好きな子のためにバスケを始めた桜木花道。
    不純な動機なのに、バツグンの運動神経
    羨ましいすぎる!

    それにしても、花道って…なんて名前や!

  • 1巻目はラブコメ路線。
    桜木チャラい(笑)

  • これを読んでバスケを始めた。興味を持ったという人たちがたくさんいるのではないでしょうか。

  • スポーツマンですから 流川楓 玉入れ遊び ゴリラ男 獲物を仕留める鷹の動きだ‼︎ ボール持って3歩以上歩いちゃいけないんだよ‼︎ ゴール下のキングコング 赤は「止まれ」だ 無愛想

  • 紙質が良い。

  • 大好きなスラムダンク。
    図書館に1巻があったので借りて読んだ。

    流川がイケメンだとか、桜木の一途さだとか全てが懐かしかった。

全283件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

井上 雄彦(いのうえ たけひこ)
1967年、鹿児島県大口市(現・伊佐市)出身の漫画家。
1988年、手塚賞入選の「楓パープル」でデビュー。1990年連載をはじめた『SLAM DUNK』は日本のバスケブームの火付け役となり、1995年第40回小学館漫画賞を受賞。2004年に国内発行部数1億部を突破、いまなお「完全版」など再発されては版を繰り返している。2006年、「日本のメディア芸術100選」においてマンガ部門1位を獲得。
『バガボンド』は文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、手塚治虫文化賞マンガ大賞、平城遷都1300年記念アジアコスモポリタン賞文化賞をそれぞれ受賞。

井上雄彦の作品

SLAM DUNK 完全版 1 (ジャンプコミックス デラックス)に関連する談話室の質問

SLAM DUNK 完全版 1 (ジャンプコミックス デラックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする