SLAM DUNK(スラムダンク) 完全版 全24巻・全巻セット (ジャンプコミックスデラックス)

著者 :
  • 集英社
4.49
  • (709)
  • (64)
  • (221)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 1535
レビュー : 368
  • Amazon.co.jp ・マンガ (12000ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088599014

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • バスケ・マンガの名作。終わり方は、賛否両論ありそうな気もしますが、桜木花道の今後の成長も夢見られていいかも?みんなの中でいろんな形で完結するのは、それはそれでいい。

  • バスケット漫画の金字塔。今再編集が発売されているが買いたくなってきた。物語はほろ苦く終ってしまうが主人公たちの最高の試合は心に永遠に残る。

  • ついに読み終わってしまった・・
    スポーツに興味のない私がこれほどまでに面白いと思うなんてーー。
    バスケ出来ないけどやってみたい(笑)
    スポーツに一生懸命になるっていいなあ・・とスポーツに一切関わらなかった自分の子供時代を悔やむ。

  • 男たちの勇気、友情、勝利が詰まったスポーツマンガの至宝。

    人生の50冊 マンガ編 第2位

    団体戦を描いてこれに勝るスポーツマンガはない。
    桜木花道というバスケットマンの成長というシンプルな話を
    ワンプレイ、ワンプレイの積み重ねという途方もない細かさで
    6年間描き続けたことに感動する。この人は本当にバスケ好きなんだ。

    そして赤木、流川、宮城、三井、木暮という翔北メンバーに加え、
    陵南の魚住、仙道。海南大の牧、清田。翔洋の藤真。最強軍団、山王工業と
    ライバルチームに綺羅星のように並んだ男達が魅力的なこと。
    見守る安西先生や晴子たちのメッセージにも名言が多い。

    長い物語の中でただ一つだけ使われないパスルートがあった。
    天才・流川から初心者・桜木へのパスだ。
    このパスの選択に向けて、全てのピースは
    最後の最後まで緻密に準備されていたのだ。
    最終試合、セリフの一切ない緊迫の中で我々は
    このパスを巡る最高のワンプレイを目撃する。

    ダムダムダムダム!キュッ、キュッ!
    パシュッ!ダムダムダムダム!ズバッァア!
    今でもバスケットコートを擬音たちが駆け巡る。

  • こんなに笑って、こんなに泣けて、
    こんなに胸を打たれる漫画が他にあるんだろうか。
    台詞もキャラクターも素敵。
    言わずもがな、名作。

  • とにかく熱い!漫画の画面も汗だらだら。

  • 山王戦で、安西先生が、あきらめたら〜、って言ったり、しゃがんでガッツポーズしたりするなど有名なシーンが多くあって、パロディ的にっていうか冗談ぽく使われることが多いけれど、(まあまんがアニメの名作の中の名台詞っていうのはそういうふうに反芻されるものだけど)、実際、読み返す中でそのセリフやシーンを見直すと、その絶妙なコマに鳥肌がたつ。特に山王戦の安西先生の挙動は試合の緊張と躍動をよりあらわにする。

    なぜか僕の中で山王戦は負けると記憶されていて、負けるんだ。。。と思いながら最後ぐいぐい追い上げて逆転するシーンは最高だった。ココイチでカレーを食いながら読んだ。カレーが冷めた。

  • 自分もコートの中に走っている気分。
    今まで、何事も経験、って思ってきたけどそんな我武者羅には限界がある。
    何かを経験している時、植えつける立場にあるのは自分なのかとか、ただ冷静に相手を見るだけじゃなく、相手がどんな状況・立場にあろうとも自分が等身大にあることからは逃げられない。その中で今自分にできることは何かを考える冷静さがこれからの自分にとても必要だと思った。
    もっと早く読めばよかった。
    でも、今だから、読むことになったんだな。

  • 名作といわれ続けている作品は逆に敬遠する天邪鬼が、
    何を思ったか新刊で完全版1巻を購入。
    1億冊記念イベントも遠に終わっている頃だった。

    結局最終巻まで新刊で揃えたときのあの満足感と
    読了時の胸が一杯で夜中に涙が止まらない状況をなんとかしてくれ!
    と叫びだしそうな衝動は、雑誌switchの特集号を購入するということで
    なんとか落ち着きを取り戻した。
    初読時の感動は今も忘れない。もう一度初読をしてみたいものだ。

  • 言わずと知れたバスケマンガの名作。

    ロールモデルがたくさんいて、読み人によって様々な意味を与えてくれる一冊であると思う。

    また、読む時期によっても響く言葉・キャラクターが違っていて、時間が経っても改めて読みたくなるマンガ。

    僕は三井が好きです。
    ぐれっちゃったけど、その後の努力、自分の過去を美化して今を責める傾向、ふらふらになっても仲間を信頼する心、そんな三井の性格にはぐっとくる。

全368件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1967年生まれ、鹿児島県出身。北条司氏のアシスタントを経て、1988年『楓パープル』でデビュー。 90年から連載を開始した『SLAM DUNK』は累計1億部を超える大ヒットとなった。98年より「モーニング」にて宮本武蔵を描いた『バガボンド』を大人気連載中!! 車椅子バスケを描いた『リアル』は「ヤングジャンプ」にて不定期連載中。

「2014年 『バガボンド(37)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上雄彦の作品

SLAM DUNK(スラムダンク) 完全版 全24巻・全巻セット (ジャンプコミックスデラックス)に関連する談話室の質問

SLAM DUNK(スラムダンク) 完全版 全24巻・全巻セット (ジャンプコミックスデラックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする