異次元商人 (ヤングジャンプコミックス)

  • 集英社
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088618449

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 見知らぬ商人から不思議なグッズをもらい、人生を狂わす人間たちのお話「異次元商人」他、不思議な雰囲気の読み切り3本。

    安全確実がモットーの銀行員は、ある日同僚に付き添って行った不思議な店で、自分がもし別の人生を歩んでいたらどうなっていたかというシミュレーション・ビデオを見る。(ライフ・シミュレーション)

    人生における出会いを斡旋するという出会い屋に幼い息子のライフ・プランを依頼した男性。
    やがて、息子にはもっといい人生を歩んでほしいと思った彼は、出会屋にさらにランクアップした出会いプランを依頼する。(出会屋)

    「異次元商人」は皮肉なストーリーです。
    その分、読み切りはほのぼのした雰囲気のお話ばかり。
    性格がいいが気弱で就職面接に落ちてばかりの青年の話「転職」
    残業をする夜の会社に見知らぬおじいさんがいて、会社の人間そっくりの駒を使って双六をしているという「出世双六」
    特に「駄菓子屋」というお話が好きです。
    夜の団地の屋上にぼうっと浮かび上がる駄菓子屋さん。
    おばあさんの経営するその駄菓子屋は子供にしか見えないというお話で、ファンタジックでワクワクしました。

  • 短編。笑うセールスマンを崩したかんじ。

全2件中 1 - 2件を表示

吉田ひろゆきの作品

異次元商人 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×