ハチミツとクローバー 1 (クイーンズコミックス)

著者 :
  • 集英社 (2002年8月19日発売)
3.90
  • (2367)
  • (971)
  • (2857)
  • (51)
  • (12)
本棚登録 : 10760
レビュー : 1412
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088650791

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一番好きな少女マンガ!!

    甘酸っぱいわー

    登場人物たちみんなが愛しくなるよ

  • とても好きな作品です。
    絵もかわいい。

    片思いと青春の甘酸っぱさだけではなく、
    辛い現実を乗り越える様子が描かれていたり。

    ラストは、とても感動的です。

  • はぐちゃんすごいかわいい!でも竹本の気持ちはいったいどうなるんでしょう。続きがめっちゃ気になります!

  • 野宮さんと付き合いたい。野宮さんと付き合いたい。野宮さんと付き合いたい。
    いわずとしれた青春マンガ。そして美大生のバイブル(偏見)
    ずっと多摩美だと思ってたけど、ムサ美がモデルらしいです

    普遍的だけど存在しずらい設定

  • 大好き。
    ホイップちゃんが可愛い

  • 青春恋愛漫画の傑作。
    バイブル的な漫画。

    とにかく切ない。

    大好きです。

  • 皆が皆、叶わない想いを抱えている。
    それは恋愛であったり、夢であったり。
    触れたくても触れられない想いの数々に、胸が苦しくなります。
    なんとなく歩いて、ふと立ち止まって、後ろを振り返る、
    それでもまた前を向いて歩いていけたらいいなあ。

  • フワフワ、主人公みたいな女の子ってどこでもいると思う。ただ彼女は天才だったけど。若い子にウケそうな話。10代とかに読むといいかも。大人になっていく段階って甘ずっぱい。

  • 羽海野さんのタッチって、水彩でもコピックでも、画材がどれでも羽海野キャラが壊れない辺りがすごいと思った。物語は短篇連作集で進んで、全体を通してハイテンションで笑えるんだけど、きっちり魅せ場を用意してて、そういう「安定感」に職人技を感じた。おもしろかった。

  • 『片想いは天才である』

    だいぶ前の話になりますが、ハチクロが完結しましたね。

    もちろん僕も夢中になって読んでいたので、
    書店で最終巻を手に入れたときは嬉しいんだけど、さみしくて。
    「これで終わっちゃうんだ...」という終わりへの予感は恋にも似ていて、
    過去の遠恋を書店で思い出したりしてました。なにやってんだ。

    さて、ハチクロのコンセプトはなんといっても「片想い」だったわけですが、
    あなたは誰の片想いに胸をキュンキュンさせられましたか?

    真山?竹元?

    僕は何といっても真山にどっぷり片想いをしつつも、
    野宮との距離を縮めていく山田の揺れる恋心にメロメロでした。

    傷心の山田のために鳥取から東京まで駆けつけてしまう
    野宮も最高だったなあ。

    人を好きになることの切なさに溢れた名作です。

    胸をキュンキュンさせたい人、必読。

全1412件中 21 - 30件を表示

ハチミツとクローバー 1 (クイーンズコミックス)のその他の作品

ハチミツとクローバー 1 Kindle版 ハチミツとクローバー 1 羽海野チカ

羽海野チカの作品

ツイートする