ハチミツとクローバー 1 (クイーンズコミックス)

著者 :
  • 集英社 (2002年8月19日発売)
3.90
  • (2367)
  • (971)
  • (2857)
  • (51)
  • (12)
本棚登録 : 10762
レビュー : 1412
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088650791

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • “ピュア”って言葉がぴったりの漫画

  • いい意味で少女漫画らしくない漫画。というか青春マンガのバイブル。もちろん恋愛事情もあるけれど、むさ苦しい男の寮生活もありでかなり楽しめる内容。

    感想記事→ http://utsuyama27.com/hachikuro1/

  • かわいいし、甘酸っぱいし、おもしろい!

  • 甘酸っぱい。

  • 全10巻 甘酸っぱい青春のような恋(夢)と大人の恋(現実)が交錯している、そんな作品。名言多し。個人的に好きなのは「幸せ貯金」。良くないことがあったり何にもない時は幸せが来るまで幸せを貯めているっていう考え方。

  • 再読。人が恋におちる瞬間をはじめてみてしまったって私も思いたいよおおお。野菜と肉は2対1。あゆうううう!!!

  • 大学生のこういった生活は、今の時代にはもう無いんだろうなあと感じながら、読んだ。

  • 2015.11.22市立図書館(次女)

    「3月のライオン」にはまった娘が同じ作者の有名作ということで予約を入れてようやく借りてきた。
    …んだけど、この作品は1巻を読み終えるのにすごく時間がかかった。ちょっと人物の掻きわけや関係がなかなか頭に入らなかった。ところどころおもしろいときはあるのだけど、現実離れした不思議ちゃんヒロインのはぐちゃんのことがもっとわかってくればおもしろくなるのかな?

  • ”3月のライオン”は本当に素晴らしいと思うので、同じ作者の作品で、更に話題作とあればきっと、ってことで期待を込めてゲット。とりあえずそのとっかかりとしては、肩透かしな感じ。”3月~”は、のっけからグイグイ引き込まれる求心力を持っていると思うけど、こちらにはそれだけのパワーはない。作者自身の成長も大きいんだろうし、基本的に自分が恋愛ものは苦手、ってのもあると思うけど、どうしても比べてしまうし、そこは。という訳で、最後まで読むけど、かけがえのない作品にはならないんじゃないか、って予感。

  • やっと読めた〜!何度も繰り返し読みたいマンガだったので、あとで全巻買います♥
    はぐちゃんが選んだ人にびっくりだけど納得。
    登場人物みんなが魅力的。
    何も付き合うだけが全てじゃない。好きになったことが大事なんだよね。
    みんな好きたけど、特に森田さんが好きー!

全1412件中 41 - 50件を表示

ハチミツとクローバー 1 (クイーンズコミックス)のその他の作品

ハチミツとクローバー 1 Kindle版 ハチミツとクローバー 1 羽海野チカ

羽海野チカの作品

ツイートする