ハチミツとクローバー 1 (クイーンズコミックス)

著者 :
  • 集英社 (2002年8月19日発売)
3.90
  • (2367)
  • (971)
  • (2857)
  • (51)
  • (12)
本棚登録 : 10762
レビュー : 1412
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088650791

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • カラッポの自分にぐるぐると悩む竹本くんが自分と重なってみえる。

  • このコミカルな感じがたまらない。
    なのに、どうしていつもト書きはシリアスなのー。

    竹本の鈍さと森田の自由さが、すごく対照的でいいw
    浜美行きたいなーとすっごく思った。
    ハチクロの世界観がこの1巻で既に作られているのが驚異。

  • とても幻想的な絵とお話でした。
    あまりリアリティーはなく、映画やアニメ化されてるみたいだけど、この世界観がどう表現されているのか???気になる。
    良いセリフはたくさんあるんだけど、どこに書いてあったか?わからず、読み返して探す事は…ないだろう。

  • きっかけは、大好きな小説だった。
    イラストレーターさんが第二期になって変わってしまうのが
    セオリーになっていた文庫レーベルで、
    また絵が変わるのかとうんざりして手にとったらとても可愛くて素敵で
    4コマ漫画的なものがついていたのがそれも可愛くて
    初めて話し途中で絵が変わって嫌どころか嬉しくなった。

    それで、この人はどんな人なんだろうと調べて
    この1巻の数ページを読んで即、その時点で出ていた全巻を大人買いした。
    書いてある言葉のひとつひとつが突き刺さってくる。

    意外と評価は割れているらしく、amazonのレビューでも
    結構低くて驚いた。
    ネット上では作品だけでなく先生や読者までめとめてメンヘラw
    といって馬鹿にしている人も時々見かける。

    自分が紹介した友人たちはみな大ハマリしていて
    「入り込めなかった」というのは今のところひとりだけだ。
    先生が同人出身ということもあって、
    多少の泥臭さやだからこその丁寧さ、青臭さに
    はまるひとははまるし、受け付けられない人は毛嫌いすると思う。
    だから評価が割れているのではないかなと思う。

    自分はもう、試し読みした最初の始まり方から
    大学生時代を思い出してきゅんとする感じで
    コミカルな表現も可愛らしくて好きだ。
    先生と好みが似通っていると、ネタも拾いやすい。
    多分自分は98%は元ネタを理解出来ていると思う。(笑)
    ハチクロを薦める時、2巻のオタク拝見コーナーを読ませて
    面白いと言った人には薦めている。
    ハマる人には本当に、バイブル的存在になり得るお話だと思う。

    1巻はまだ小手調べというか、一話で完結で
    コミカルな部分も多く、人物紹介といった体だと思う。
    のんびりのほほんと読めるかと思いきや
    結構シリアスな深いバックグラウンドもあって、
    はっきりと描かず読者に悟らせる心憎い描き方もある漫画なので
    所謂少女漫画とはちょっと違うと思うし
    絵柄のイメージだけで読み進めても違和感があるかもしれない。
    ちょっとした伏線や相手に悟らせる描写に気付けない人には
    深みを感じられないのかもしれないが
    生きている中でふと見上げた青空や
    見上げた日暮れの校舎の窓の明かりや
    そんなものを思い出してきゅんとする本当に素敵なお話だと思う。

  • ドラマと結構違うんだね

  • 恋愛漫画だと思っていたので、ずっと敬遠していたら全然違った。
    青春ものには違いないけれど、自分という人生に向き合った登場人物達の笑顔や涙が愛おしくなる一冊。
    誓いをたてて、自らした約束を守りぬくことは、とても誇り高い生き方だと思う。

  • 切なくて甘酸っぱい世界観。
    不器用で純粋なキャラクター達。
    ハチクロは大好きな作品です。

    どのキャラも本当に好きなんですが、主に竹本くんに感情移入して読んでました。

    最近友達に借りて「3月のライオン」を読ませてもらいました。
    ハチクロとは全く違った雰囲気だけど、羽海野先生にしか書けない心に響くモノローグと、切ない中でも笑っちゃうギャグセンスは共通!
    自分でもいつか集めたいな〜。

  • 書店バイト時に。

  • 私のバイブル。

  • 読んでいると「んもう!!!」って気分になってきます。笑
    でもそれが良い。

    叶わなくても、報われなくても、届かなくても
    それでも、恋は恋。

    両想いだけが恋じゃないんです。

    片思いの経験がある人は、共感出来るんじゃないかなぁと思います。

    羽海野さんの漫画は、絵がふんわりとしているだけじゃなく強さを感じられるし
    心に響く言葉が多いです。

全1412件中 71 - 80件を表示

ハチミツとクローバー 1 (クイーンズコミックス)のその他の作品

ハチミツとクローバー 1 Kindle版 ハチミツとクローバー 1 羽海野チカ

羽海野チカの作品

ツイートする