ハチミツとクローバー 1 (クイーンズコミックス)

著者 :
  • 集英社 (2002年8月19日発売)
3.90
  • (2367)
  • (971)
  • (2857)
  • (51)
  • (12)
本棚登録 : 10761
レビュー : 1412
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088650791

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初読。美大に通う若者たちの日常と2つの三角関係を描く。
    はぐみが18に見えない…そして横顔が美しい。森田先輩もいいキャラしてるなあ。
    キャラが常識人であるほどそのキャラはこの物語に対して読者と同じ目線に近づいていく、とみていいのだろうか。
    羽海野チカ的心情描写に毎度吸い込まれる。見えている風景と自分の心情を結びつける業は見事。

    3月のライオン14巻を読み、愈々この作品を読むときが来たかと思った人間の稚拙な感想です。次巻も楽しみ。

    • 大野弘紀さん
      全巻読了した者です。

      とても素敵な物語です。

      楽しんで。
      全巻読了した者です。

      とても素敵な物語です。

      楽しんで。
      2019/06/19
  • 3月のライオンから遡る形で読んでみました。妙なテンションの高さに処女作っぽさがありますね。全体に、いまいち感情移入しづらいなと思ってしまう。はぐちゃんのどこにそんなに惹かれるんだろう、そこがあってほしかった。いや、一目惚れとか、そういうのがあるのはわかりますけどね。漫画としては唐突すぎる印象を受けました。

  • 全10巻再読
    大学卒業して社会にでようかというあたりの青春もの
    自分探しと恋愛で最後は謎の感動がおおむね全読者をおそうが
    この作品の本体は山田さんである
    謎の人物でなく構えているわけでもないのに
    作品の主題に対して捉えどころなし
    絶妙の立ち位置が再読に耐えてまこと趣き深い
    キャラクターが立つって偉大だ

  • 自由過ぎる藝大生と
    掛け違うボタンのようなすれ違う指先のような恋の行方を
    辿るように 物語は始まる

    悩んで
    自分はどうするんだろう て落ち込んだり

    焦ったりしても
    前向きな答えは出なくて

    そういう時に一緒にいる人が
    なんて優しくて暖かいんだろう

    大好きな人たちと 好きな人が入り混じる

    そうなんだ
    そういうことじゃない
    分からない 教えてよ

    その距離感が 切なくて
    なんだか泣けてしまう

    私だけの道
    私だけの生き方

    迷いながら 毎日
    少しずつ作っていく
    目の前のことに 答えを出しながら
    それでもなお 迷いながら

    「好き」

    どうしようもなく
    抗いようもなく
    けれども それを分かったうえで

    どうやって触れればいいだろう
    扱い方なんて 誰もしない

    不器用なんだけど
    器用がきっと 良いことでもない

    「好き」

    でも離れたい

    でも一緒にいる時間が
    嬉しくて 泣きたくなってしまう

    私の好きと あなたの好きが重なる瞬間は
    きっとこないことが 分かってしまうから

    抗ってどうするの
    でも 抗わないで 生きている意味なんて
    あるの


    悲しみを帯びながら
    でもそれは なんて 幸福な日々

  • 6畳+台所3畳フロなしというアパートで貧乏ながら、結構楽しい生活を送る美大生・森田、真山、竹本の3人。そんな彼らが、少女のように小さく可憐な女の子・花本はぐみと出会い…!?(Amazon紹介より)

  • 5人の「大事なのに行き違う」恋愛模様が取り上げられがちだけど、才能ゆえに凡人とは全く違うものと孤独な戦いを続けていくはぐちゃんと、そんな彼女を見守るしかない者たちの苦悩と愛の形がとても重く…だけれど最後は切に温かく響く。ずっと心に残る作品。

  • 2018.6.19読了。

    昔読んだときは、ごちゃごちゃな絵が無理で1話で断念したのだけど、読んでこなかったことを後悔するレベルでとても面白かった。全巻買っちゃおうかな。羽海野チカさんの言葉は一つ一つがずっしり来る。好きです

    「自分の幸せを願うということは自分じゃない誰かの不幸を願うこととオモテウラのセットになっている時があって、だとしたらじゃあ私はいったい何を祈ればいいんだろう」

  • 「ハチミツとクローバー(1)」羽海野チカ著、集英社、2002.08.24
    191p ¥420 C9979 (2018.05.30読了)(2018.05.26拝借)(2004.07.14/19刷)

    【目次】
    Chapter.1

    Chapter.9
    あとがき

    内容紹介(amazon)
    6畳+台所3畳フロなしというアパートで貧乏ながら結構楽しい生活を送る美大生、森田、真山、竹本の3人。そんな彼らが、花本はぐみと出会い……!? 大ヒットシリーズ第1巻!!

  • 大好きな作品。可愛くて、切なくて、きゅんきゅんして、ホント青春だなって…泣きました。

  • 記録

全1412件中 1 - 10件を表示

ハチミツとクローバー 1 (クイーンズコミックス)のその他の作品

ハチミツとクローバー 1 Kindle版 ハチミツとクローバー 1 羽海野チカ

羽海野チカの作品

ハチミツとクローバー 1 (クイーンズコミックス)に関連する談話室の質問

ハチミツとクローバー 1 (クイーンズコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする