ハチミツとクローバー 1 (クイーンズコミックス)

著者 :
  • 集英社 (2002年8月19日発売)
3.90
  • (2367)
  • (971)
  • (2857)
  • (51)
  • (12)
本棚登録 : 10762
レビュー : 1412
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088650791

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『美点と欠点は紙一重』

    森田先輩がモテるのは

    「他人の言葉に惑わされないから」

    けれど彼女が出来ないのは

    「他人の言葉に全く耳をかさないから」

    ハチクロの登場人物のそれぞれの性格にも美点と欠点が紙一重なとこがある


    私たち皆にもありますね。

  • 3月のライオンから遡る形で読んでみました。妙なテンションの高さに処女作っぽさがありますね。全体に、いまいち感情移入しづらいなと思ってしまう。はぐちゃんのどこにそんなに惹かれるんだろう、そこがあってほしかった。いや、一目惚れとか、そういうのがあるのはわかりますけどね。漫画としては唐突すぎる印象を受けました。

  • こんな綺麗な恋したいです
    真山みるたびに殴りたくなるクソー

  • “ピュア”って言葉がぴったりの漫画

  • いい意味で少女漫画らしくない漫画。というか青春マンガのバイブル。もちろん恋愛事情もあるけれど、むさ苦しい男の寮生活もありでかなり楽しめる内容。

    感想記事→ http://utsuyama27.com/hachikuro1/

  • 甘酸っぱい。

  • ”3月のライオン”は本当に素晴らしいと思うので、同じ作者の作品で、更に話題作とあればきっと、ってことで期待を込めてゲット。とりあえずそのとっかかりとしては、肩透かしな感じ。”3月~”は、のっけからグイグイ引き込まれる求心力を持っていると思うけど、こちらにはそれだけのパワーはない。作者自身の成長も大きいんだろうし、基本的に自分が恋愛ものは苦手、ってのもあると思うけど、どうしても比べてしまうし、そこは。という訳で、最後まで読むけど、かけがえのない作品にはならないんじゃないか、って予感。

  • 【中古】積読漫画消化強化中。アニメはレンタルで全話視聴済みなので、脳内ボイスは豪華声優陣で。鮮やかなブルーが眩しい、キュンとくる可愛らしい話。森田先輩が好きです!

  • 『3月のライオン』を読んで羽海野チカの魅力に気づき、こちらも読んでみたくなったので読んでみた。ハチクロはハチクロの良さがあるがどちらかと言ったら3月のライオン派。もっと、読んだらハチクロの良さがわかるのかもしれない。

  • 雅虎调查哭和感动。幼儿爱好兴趣的漫画?现在不明白意思。不过,有大人气。

ハチミツとクローバー 1 (クイーンズコミックス)のその他の作品

ハチミツとクローバー 1 Kindle版 ハチミツとクローバー 1 羽海野チカ

羽海野チカの作品

ツイートする