ハチミツとクローバー 1 (クイーンズコミックス)

著者 :
  • 集英社 (2002年8月19日発売)
3.90
  • (2367)
  • (971)
  • (2857)
  • (51)
  • (12)
本棚登録 : 10762
レビュー : 1412
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088650791

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 友達の漫画。有名な作品だけど、今まで読む機会がなかったハチクロ。美大を舞台にした恋と友情の物語。がっつり恋愛系かと思っていたんですけど、まだ最初だからか、さりげなく散りばめられてる感じ。序盤が少し唐突な印象だったけど、それぞれのキャラや人間関係が面白かった。素直で純朴な竹本と美脚の持ち主の山田に好感が持てる。人が恋に落ちた瞬間ってそうそう目にすることないなぁ。

  • とても好きな作品です。
    絵もかわいい。

    片思いと青春の甘酸っぱさだけではなく、
    辛い現実を乗り越える様子が描かれていたり。

    ラストは、とても感動的です。

  • フワフワ、主人公みたいな女の子ってどこでもいると思う。ただ彼女は天才だったけど。若い子にウケそうな話。10代とかに読むといいかも。大人になっていく段階って甘ずっぱい。

  • 「ずっと、ずっと相手のことを好きで居続けて、どれだけ相手を好きか思い知らせたかった。」

    っていうモノローグがすごく読むのが辛くて、
    みっともないけど分かるなと思った。

    分かるからこそ、山田は可愛いなんて思えない。同族嫌悪。
    8巻〜10巻のいきなりシリアスな展開も好きです。

  •  映画化もドラマ化も終わったあと一気読みしました。映画もドラマも見ていませんが、一巻ずつ発売を待ちながら読むマンガもいいですけど、これはなんだか贅沢な一気読みでしたヨ。わたしは、はぐちゃんの「修ちゃんの人生をあたしにください」がなんだか怖かったです。人生をくれですよ、人生を。こんなのを感じたのは私だけかと思いきや、NHKのBSマンガ夜話をみてたときのこと、おたキングこと岡田さん(最近はレコーディングダイエットで有名です)がはぐちゃんのことを芸術に対する姿勢だったかなんだかが怖い的な発言をしていて、周りの猛反発くらってました。でも私はテレビの前で激しく同意だったわけです。もし怪我がなければ森田さんとふっついてたかもしれないのに、それなのに芸術を続けるために修ちゃんの人生をくださいってどうなの、とうがった見方をしてしまうのです。でもやっぱり最後は、はぐちゃんにやられました。パンの間にはちみつとクローバーがはさまっていたときの衝撃といったら、、、もう竹本と一緒に泣きました。

  • 「ハチミツとクローバー(1)」羽海野チカ著、集英社、2002.08.24
    191p ¥420 C9979 (2018.05.30読了)(2018.05.26拝借)(2004.07.14/19刷)

    【目次】
    Chapter.1

    Chapter.9
    あとがき

    内容紹介(amazon)
    6畳+台所3畳フロなしというアパートで貧乏ながら結構楽しい生活を送る美大生、森田、真山、竹本の3人。そんな彼らが、花本はぐみと出会い……!? 大ヒットシリーズ第1巻!!

  • “6畳+台所3畳フロなしというアパートで貧乏ながら結構楽しい生活を送る美大生、森田、真山、武元の3人。そんな彼らが、花本はぐみと出会い…!?大ヒットシリーズ第1巻!! ”―裏表紙より。

  • 大学生のこういった生活は、今の時代にはもう無いんだろうなあと感じながら、読んだ。

  • 「3月のライオン」で羽海野作品に初めて触れて、こちらも読んでみたが…。悪くはない、ないのだけれど、なんかちょっとドタバタ過ぎるというか。3月のライオンの、あの、将棋と日常生活の対比。ふんわりとした交流と激しい感情の対立。そういったところが気に入っていたのだな、と改めて実感。うーん、続きはどうするかなぁ。

  • (2015-02-15L)

ハチミツとクローバー 1 (クイーンズコミックス)のその他の作品

ハチミツとクローバー 1 Kindle版 ハチミツとクローバー 1 羽海野チカ

羽海野チカの作品

ツイートする