ハチミツとクローバー 1 (クイーンズコミックス)

著者 :
  • 集英社 (2002年8月19日発売)
3.90
  • (2367)
  • (971)
  • (2857)
  • (51)
  • (12)
本棚登録 : 10762
レビュー : 1412
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088650791

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これはね、願を賭けてたの。

    かなり前に1巻から9巻まで読んでたの。

    10巻を読む前に、やらなきゃいけないことが一つだけあって、それをやり遂げたら、最後の巻を読もうって思ってたの。

    それをやっと、やり遂げて、今日その10巻を読んだ。

    長かった。でも、読めてよかった。やり遂げることができて、良かった。

    私のやり遂げたことは、この世の中に、そして、自分自身に、さして影響を及ぼすことではないかもしれない。それでも、やり遂げることができてよかった。

    そんな心持の中読んだ最終巻。

    ほんとはね、怖かったの。はぐちゃんの選択が。わたしは、この小さな主人公の選ぶことに、失望と絶望をしたくなかったから、そうなってもいいように、自分のすべきことをきちんとしてから、読みたかったの。

    でも、読んでよかったと思える結末だった。

    「ありったけの幸せを、あなたに」

    この世には、恋愛とは別に、人の幸せを願えることがあるのだと、わたしも思っていたいです。

    でも、恋愛をしなくては、なかなかその状況へ持っていくことができにくい世の中の風潮です。

    わたしはとかく、生きる上での恋愛の優先順位が、1番ではありません。だから、人の幸せを願いながらも、それを恋愛という人間関係の伏線に張ることがひどく苦手です。

    そんなこと言ってる年じゃないでしょって、
    世間の代弁者の「私」が、常に突っ込みを入れます。

    だから、私は焦ります。自分で自分をせかしています。

    なんの、解決にもなりませんが、
    ありったけの幸せを、あなたに。
    この言葉を、送りたい人がいます。

    ありったけの幸せを、あなたに。

  • 『美点と欠点は紙一重』

    森田先輩がモテるのは

    「他人の言葉に惑わされないから」

    けれど彼女が出来ないのは

    「他人の言葉に全く耳をかさないから」

    ハチクロの登場人物のそれぞれの性格にも美点と欠点が紙一重なとこがある


    私たち皆にもありますね。

  • 全10巻再読
    大学卒業して社会にでようかというあたりの青春もの
    自分探しと恋愛で最後は謎の感動がおおむね全読者をおそうが
    この作品の本体は山田さんである
    謎の人物でなく構えているわけでもないのに
    作品の主題に対して捉えどころなし
    絶妙の立ち位置が再読に耐えてまこと趣き深い
    キャラクターが立つって偉大だ

  • 5人の「大事なのに行き違う」恋愛模様が取り上げられがちだけど、才能ゆえに凡人とは全く違うものと孤独な戦いを続けていくはぐちゃんと、そんな彼女を見守るしかない者たちの苦悩と愛の形がとても重く…だけれど最後は切に温かく響く。ずっと心に残る作品。

  • ※全巻読み終えて

    いつも、このひとの作品を読むと、いつのまにかとんでもなく深くて暗い場所にまで引っ張りこまれてしまう。それでいていつも、突然、ぶわっと嵐みたいな風がやってきて、暗いところから引っ張り上げてくれる。

    それで、自分のいたところは暗くて深いところなんじゃなかったと気がつくのだ。

  • 音楽学部と美術学部しかない大学に通っていたので、美大の、あの独特の空気感をすごく自然に描けていて、すごいと思う!

    登場人物すべてを抱きしめたくなるような、思い入れの深い作品です。

    10巻めに収録されている、ドラえもんの道具をテーマにした短編も泣けます!

    • 円軌道の外さん

      自分も大好きな作品です(^O^)

      自分は大学には
      行ってないんで、
      あの自由を謳歌する空気感に
      憧れたなぁ〜(笑)

      ...

      自分も大好きな作品です(^O^)

      自分は大学には
      行ってないんで、
      あの自由を謳歌する空気感に
      憧れたなぁ〜(笑)


      あと竹本くんや真山さんや忍くんが住んでた
      あの下宿アパートも、
      昔住んでた築50年の
      学生アパートに似てたので
      懐かしかったです(^O^)


      羽海野さんの作品は
      短編もすごく味があって
      きゅい〜んと胸を打ちますよね〜(≧∇≦)

      自分もあのドラえもんのやつ
      お気に入りです!!


      てか、まろんさんは
      学生時代から
      芸術家って感じやったんスね〜(^_^)


      2012/05/18
    • まろんさん
      ハチクロについては、円軌道の外さんが心にしみわたるような
      素敵なレビューを書かれてたので、はずかしいです(>_<)

      うんうん、みんなが住ん...
      ハチクロについては、円軌道の外さんが心にしみわたるような
      素敵なレビューを書かれてたので、はずかしいです(>_<)

      うんうん、みんなが住んでたあのアパート、
      森田さんが大量にコロッケとか買ってくると
      アパート中の窓からみんなが顔出して
      わらわら集まってきたり、
      外にお手製のシャワーを作ったり、
      青春!って感じでしたよね!

      ハチクロのラストって、竹本くんが
      はぐちゃんが全力疾走して届けてくれた
      はちみつとクローバー入りの特大サンドイッチを
      泣きながらほおばるシーンだったでしょう?

      で、あのドラえもんがテーマの短編でも
      使われたひみつ道具が、パンだったので
      ハチクロ最終巻を読んでしばらくは
      食パンを見ただけで、感動がこみあげて、
      ほろっとしてました。
      スーパーのパン売り場で、変な人と思われていなかったか、
      今思うと超不安です(笑)
      2012/05/18
  • 初読。美大に通う若者たちの日常と2つの三角関係を描く。
    はぐみが18に見えない…そして横顔が美しい。森田先輩もいいキャラしてるなあ。
    キャラが常識人であるほどそのキャラはこの物語に対して読者と同じ目線に近づいていく、とみていいのだろうか。
    羽海野チカ的心情描写に毎度吸い込まれる。見えている風景と自分の心情を結びつける業は見事。

    3月のライオン14巻を読み、愈々この作品を読むときが来たかと思った人間の稚拙な感想です。次巻も楽しみ。

    • 大野弘紀さん
      全巻読了した者です。

      とても素敵な物語です。

      楽しんで。
      全巻読了した者です。

      とても素敵な物語です。

      楽しんで。
      2019/06/19
  • 自由過ぎる藝大生と
    掛け違うボタンのようなすれ違う指先のような恋の行方を
    辿るように 物語は始まる

    悩んで
    自分はどうするんだろう て落ち込んだり

    焦ったりしても
    前向きな答えは出なくて

    そういう時に一緒にいる人が
    なんて優しくて暖かいんだろう

    大好きな人たちと 好きな人が入り混じる

    そうなんだ
    そういうことじゃない
    分からない 教えてよ

    その距離感が 切なくて
    なんだか泣けてしまう

    私だけの道
    私だけの生き方

    迷いながら 毎日
    少しずつ作っていく
    目の前のことに 答えを出しながら
    それでもなお 迷いながら

    「好き」

    どうしようもなく
    抗いようもなく
    けれども それを分かったうえで

    どうやって触れればいいだろう
    扱い方なんて 誰もしない

    不器用なんだけど
    器用がきっと 良いことでもない

    「好き」

    でも離れたい

    でも一緒にいる時間が
    嬉しくて 泣きたくなってしまう

    私の好きと あなたの好きが重なる瞬間は
    きっとこないことが 分かってしまうから

    抗ってどうするの
    でも 抗わないで 生きている意味なんて
    あるの


    悲しみを帯びながら
    でもそれは なんて 幸福な日々

  • きっと一生、一番大好きな少女漫画です。

    "登場人物、全員片思い!”
    のキャッチコピーがほんとうにぴったりなくらい
    四方八方にみんなの気持ちがとびかっています。

    恋をしたことがあるひとの今まで言葉に出来なかった気持ち、
    全てがここに詰まっているといっても過言ではありません。

    恋愛要素だけでなく
    可愛い服や小物や、おいしそうなごはんもいっぱいでてきます。


    人気作品だから、定番だからと敬遠している人がいたら
    人生損してますよ!
    (私がそうでしたから。笑)

  • 3月のライオンから遡る形で読んでみました。妙なテンションの高さに処女作っぽさがありますね。全体に、いまいち感情移入しづらいなと思ってしまう。はぐちゃんのどこにそんなに惹かれるんだろう、そこがあってほしかった。いや、一目惚れとか、そういうのがあるのはわかりますけどね。漫画としては唐突すぎる印象を受けました。

  • 6畳+台所3畳フロなしというアパートで貧乏ながら、結構楽しい生活を送る美大生・森田、真山、竹本の3人。そんな彼らが、少女のように小さく可憐な女の子・花本はぐみと出会い…!?(Amazon紹介より)

  • ハチクロはだいすき。絶対手放さない。

  • 読んでて心地いいです。
    きらきらしてます。

  • 実家で改めて読んでみる。
    クリスマスの竹本くんのキモチがだんだん解るようになってきた。

  • こんな綺麗な恋したいです
    真山みるたびに殴りたくなるクソー

  • 終始あゆの台詞、モノローグに首がもげそうなほど頷いたりしていた。昔。
    初めは単純に面白くて、ちょっと切なくて、、だったのに。
    最終巻はいつ何度読んでも、泣かずに読めないので滅多に読まない。

  • キラキラいつまでも輝き続けるだろう、宝物的な作品。

  • 友達の漫画。有名な作品だけど、今まで読む機会がなかったハチクロ。美大を舞台にした恋と友情の物語。がっつり恋愛系かと思っていたんですけど、まだ最初だからか、さりげなく散りばめられてる感じ。序盤が少し唐突な印象だったけど、それぞれのキャラや人間関係が面白かった。素直で純朴な竹本と美脚の持ち主の山田に好感が持てる。人が恋に落ちた瞬間ってそうそう目にすることないなぁ。

  • かしてもらい、ごくごく一生懸命読んでいます。ウミノ先生のことば選びを本当に好きで、ライオンもこちらも元気に読みすすめることができます。

    漫画というのは一コマに数秒を描くことができる。というのは、長い台詞、複数のアクション、言葉のやり取りを、一コマに込めることができるからだ。そうすると表のコマとバックのコマがでてきて、漫画が表す面白さはそのバックにより左右されると言える。

    ここが、ウミノ作品の面白いところ。ライオンではニャーたちの絡みを大好きですが、こちらでは森田さん絡みが好きですね・・・
    これからもごくごく読みます。

  • ハチクロ読んでないなんて、非国民だ!という誹謗中傷を受けて、読んだ。
    たしかに、非国民だったね。私。
    最初のテンションで、甘く見てると痛い目見る。
    とりあえず、5巻あたりから、ティッシュとバスタオルの用意だね。
    てか、竹本君!!!そんなに私の涙腺をいじめないで!!!
    とりあえず、「はじめて雨の終わるところをみた」的なところで泣いて、それからラストの「君を好きになってよかった」みたいなところでも号泣すね。
    思い出しただけで、チキン肌と涙が……。

  • 一番好きな少女マンガ!!

    甘酸っぱいわー

    登場人物たちみんなが愛しくなるよ

  • とても好きな作品です。
    絵もかわいい。

    片思いと青春の甘酸っぱさだけではなく、
    辛い現実を乗り越える様子が描かれていたり。

    ラストは、とても感動的です。

  • はぐちゃんすごいかわいい!でも竹本の気持ちはいったいどうなるんでしょう。続きがめっちゃ気になります!

  • 野宮さんと付き合いたい。野宮さんと付き合いたい。野宮さんと付き合いたい。
    いわずとしれた青春マンガ。そして美大生のバイブル(偏見)
    ずっと多摩美だと思ってたけど、ムサ美がモデルらしいです

    普遍的だけど存在しずらい設定

  • 大好き。
    ホイップちゃんが可愛い

  • 青春恋愛漫画の傑作。
    バイブル的な漫画。

    とにかく切ない。

    大好きです。

  • 皆が皆、叶わない想いを抱えている。
    それは恋愛であったり、夢であったり。
    触れたくても触れられない想いの数々に、胸が苦しくなります。
    なんとなく歩いて、ふと立ち止まって、後ろを振り返る、
    それでもまた前を向いて歩いていけたらいいなあ。

  • フワフワ、主人公みたいな女の子ってどこでもいると思う。ただ彼女は天才だったけど。若い子にウケそうな話。10代とかに読むといいかも。大人になっていく段階って甘ずっぱい。

  • 羽海野さんのタッチって、水彩でもコピックでも、画材がどれでも羽海野キャラが壊れない辺りがすごいと思った。物語は短篇連作集で進んで、全体を通してハイテンションで笑えるんだけど、きっちり魅せ場を用意してて、そういう「安定感」に職人技を感じた。おもしろかった。

  • 『片想いは天才である』

    だいぶ前の話になりますが、ハチクロが完結しましたね。

    もちろん僕も夢中になって読んでいたので、
    書店で最終巻を手に入れたときは嬉しいんだけど、さみしくて。
    「これで終わっちゃうんだ...」という終わりへの予感は恋にも似ていて、
    過去の遠恋を書店で思い出したりしてました。なにやってんだ。

    さて、ハチクロのコンセプトはなんといっても「片想い」だったわけですが、
    あなたは誰の片想いに胸をキュンキュンさせられましたか?

    真山?竹元?

    僕は何といっても真山にどっぷり片想いをしつつも、
    野宮との距離を縮めていく山田の揺れる恋心にメロメロでした。

    傷心の山田のために鳥取から東京まで駆けつけてしまう
    野宮も最高だったなあ。

    人を好きになることの切なさに溢れた名作です。

    胸をキュンキュンさせたい人、必読。

全1412件中 1 - 30件を表示

ハチミツとクローバー 1 (クイーンズコミックス)のその他の作品

ハチミツとクローバー 1 Kindle版 ハチミツとクローバー 1 羽海野チカ

羽海野チカの作品

ハチミツとクローバー 1 (クイーンズコミックス)に関連する談話室の質問

ハチミツとクローバー 1 (クイーンズコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする