ハチミツとクローバー 6 (クイーンズコミックス)

著者 :
  • 集英社 (2004年5月19日発売)
3.68
  • (578)
  • (255)
  • (1213)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 4497
レビュー : 157
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088652030

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 走れ走れどこへでもなく。
    お水を分けてと声をかけるに戸惑われぬ、そういう建ち姿であれ。

  • やっと折り返し。やっと、と思わず言いたくなる程度。確かに萌芽は見て取れるし、この作品を経たからこそ、今の”3月”があるんだろうとも思う。でもキャラの弱さが大きいです、やっぱり。脇役も含め、”3月”とは段違い。これを最初に読んでいたら、もっと良いイメージになったかもですが、現在を知っているだけに、評価も辛くなってしまいます。

  • 【中古】今回も森田さん決めるところは決めてたよぅ。格好よかったよぅ。竹本くんの自分探しの旅が始まった。みんな、頑張れ。

  • 誰かを試して逆に傷つくことってあるよね。分かってるけどやっちゃうよね。でもそのもがいてる感が青春よねー。

  • ハロー☆キティ―

  • 野宮さんの登場で、真山とあゆの膠着状態に動きが。それにしてもあれだけ破天荒な森田さんが、ことあゆに関してだけは正論だったり常識的な発言をするのが面白い。この二人は純粋に兄妹みたいで微笑ましいですね。そしてついに、竹本くんが自分探しの旅に・・・!

  • 山田の片思いは辛いけど、周りの大人のなんとやさしいことよ。野宮の言う真山の「青春再放送」「青春スーツ」の表現は絶妙。真山が野宮のことを「こうなりたかった自分の完成型」という表現も。似すぎる似顔パンこわい。竹本の自転車の旅はやっておけばよかったと思った。リアルドラクエ。自転車ってけっこう燃費悪いかもってのは私も疑問に思う。

  • 美和子さんなかなかのキャラ。青春スーツ・・・恥ずかしいなぁ。竹本、自分探しの旅へ。

  • 野宮さん、いいよね。

  • どうしてなのかな……… テレビや雑誌の中では 恋は 楽しくて 幸せそうな色をして並んでいるのに 私の恋は どうしてこんなに 重たくて いやらしいのだろう

全157件中 11 - 20件を表示

羽海野チカの作品

ツイートする