蛇にピアス (クイーンズコミックス)

  • 集英社
3.14
  • (9)
  • (16)
  • (73)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 221
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・マンガ (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088652580

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 原作読んだことないんだけど、良かった。
    渡辺ペコさんはこれで連載デビューだったのかあ。

  • 私が全然本に興味がなかった時に、ニュースでなんとか賞を受賞って話題になってたことを思い出し、たまたま返却図書のところに置いてあったから読んでみた。漫画だったからすごい読みやすかったけど、私にとっては内容も感情もわからないと感じたし二度と読みたくないって思った。読まなければよかった。

  • なんというか、衝撃だった。
    絵がとてもきれい。ルイちゃんかわいい
    普段接することのないアンダーグラウンドの世界が舞台?
    「死は観念的だけど死体は具体的だ」のフレーズを筆頭に、死の側面から命を見つめる主人公が生々しかった

  • 読まなきゃよかった。
    読むものがなかったので、迷って迷って迷ったあげく結局読んでみたんだけど
    正直、この作品の良さがわからない。
    読んでから結構時間がたったけど、死んだ男の死にざまが台詞でいろいろ表現されていて、それがあまりにもグロすぎてその時のイメージが頭の中をグルグルして気持ちわるい。
    実際にこんな世界があるのだとしても、私は知らなくてもよかった世界だった。
    もう読んで大後悔

  •  

  • ストーリーと絵がとてもあっていた。原作ファンも違和感なく読めると思う。ラブシーンが生々しくてすごい。

  • これ絶対読んでみたい

  • 原作より好き!特に最後のシバの言葉がアマの死の真相についてを物語ってるとこ。絵がふんわりしてて素敵。ルイはギャルじゃない方が合ってるし可愛い〜。

  • 原作も昔読んだ。

    けどマンガのほうがすきだ。

  • こういう取り組みは、どんどん進むといいと思う。

全34件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1983年生まれ。2003年「蛇にピアス」で第27回すばる文学賞を受賞しデビュー。同作品で04年に第130回芥川賞を、10年に本書で第27回織田作之助賞を、12年に『マザーズ』でドゥマゴ文学賞を受賞。著書に『アッシュベイビー』『AMEBIC』『オートフィクション』『ハイドラ』など。

「2013年 『TRIP TRAP トリップ・トラップ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金原ひとみの作品

ツイートする