ハチミツとクローバー 7 (クイーンズコミックス)

著者 :
  • 集英社 (2005年3月18日発売)
3.70
  • (589)
  • (259)
  • (1179)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 4463
レビュー : 166
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088652733

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっぱり7巻がいいなぁ。
    最近のエロしかない少女漫画よりずっと青春。純愛すぎて青臭いけど、そこがまた新鮮。かわいくて爽やか、そして胸キュン。

  • 竹本の旅があまりに悲惨(笑)
    甘酸っぱすぎる青春の香り。

  • 全巻で自分探しの旅に出た竹本君。彼の見たこと感じたことへの描写は本当に「あーそうそう」と思わせてくれる所がたくさんあります。そしてとうとうあゆとリカさんがご対面。夢の二大スターの共演は私もドキドキしますよ美和子さんっ!!

  • 自転車の旅終了、山田と理花もついに遭遇。常に何かが終わって何かが終わるこの筋立てに脱帽です。

  • 片想い最高。

  • <div class="booklog-all" style="margin-bottom:10px;"><div class="booklog-img" style="float:left; margin-right:15px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4088652738/ieiriblog-22" target="_blank"><img src="http://images.amazon.com/images/P/4088652738.09._SCMZZZZZZZ_.jpg" class="booklog-imgsrc" style="border:0px; width:100px"></a><br></div><div class="booklog-data" style="float:left; width:300px;"><div class="booklog-title"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4088652738/ieiriblog-22" target="_blank">ハチミツとクローバー (7)</a></div><div class="booklog-pub">羽海野 チカ / 集英社(2005/03/18)</div><div class="booklog-info" style="margin-top:10px;">Amazonランキング:184位<br>Amazonおすすめ度:<img src="http://booklog.jp/img/5.gif"><br><div class="booklog-review" style="margin-top:6px; padding-left:3px;"><img src="http://booklog.jp/img/4.gif" align="absmiddle">表紙も毎回かわいいです。<br><img src="http://booklog.jp/img/5.gif" align="absmiddle">自分に気づく!<br><img src="http://booklog.jp/img/5.gif" align="absmiddle">花本先生の独白が印象的<br></div></div><div class="booklog-link" style="margin-top:10px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4088652738/ieiriblog-22" target="_blank">Amazonで詳細を見る</a><br><a href="http://booklog.jp/PINKDIAMOND/asin/4088652738" target="_blank">Booklogでレビューを見る</a> by <a href="http://booklog.jp" target="_blank">Booklog</a><br></div></div><br style="clear:left"></div>

    ビバ☆青春!
    多くの、あゆに共感する人に支持されてベストセラー。

  • ローマイヤ先輩万歳!ハチクロに出てくるおじいちゃんはなんか可愛い。

  • 甘酸っぱいー!!!しょっぱい!!!?
    こ・・・これは!!イイです!
    美大に行きたくなる作品ですね・・・

  • アニメはいまいち。あの笑いは自分のペースで読まないとしっくりこないね。<br><br>

    「りかさん」という女性が現実にいたとしたら、本当はどういう女性なのかなあといつも妄想をたくましくしてしまうよ。真山や花本先生から見るりかさんはまるで聖女のように、孤高で、美しく、才能あふれた、悲しみの女性であるけれど、年中あのテンションで生きているとしたら相当病んでるよね。人としてありえないような気がする。<br><br>

    かと思えば「美和子さん」のような超リアルな女性が登場したりして。私がハチクロにはまってしまうのはそのアンバランスさのせいなのだろうなと自覚している。大きな嘘をつくなら小さな真実をとりまぜよう!みたいな、嘘付きの基本原理に忠実に則っているから。<br><br>

    本誌では真山が超頑張ってるご様子。もうすぐ終わるのかな。どうなるのかますます楽しみ。

  • 温かさを感じる漫画です♪絵にはひかれなかったですが、友達の勧めで買ってみました。

全166件中 91 - 100件を表示

羽海野チカの作品

ツイートする