ハチミツとクローバー 7 (クイーンズコミックス)

著者 :
  • 集英社 (2005年3月18日発売)
3.70
  • (589)
  • (259)
  • (1179)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 4462
レビュー : 166
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088652733

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これだけ「自分探しの旅」に尺を使い、かつ明け透けに甘酸っぱい内面に焦点を当てた漫画は他に見たことがないですね。好む好まざるはさておき、すげーなと思いました。真山に対して野宮も言ってましたが、この巻の竹本は何だか見てられないむずがゆい気持ちになりました。。。柔軟剤使っただろ?!のくだりは流石に笑ったw 懐かしいー!

    ついにあゆが理花さんと対面してしまうシーンが良かったですね。大人同士、淡々と、ただ心中穏やかではなく。理花さんの内面は意図的に描かれていないのでしょう、あくまであゆから見た「あの人」と話している形になっています。それはさておき、リーダーにべろべろに舐められる理花さんが最高に可愛かったです。理花さん好き。

  • 竹本君の自分探し自転車旅行エピソードがとても良かったです。地の果てが、さびしいところではなくて、光の指す明るい場所だったということ。迷ったり、アクシデントにあったりしながらも、行き先が明るい場所であったということはなにより希望だと思いました。

  • 竹本君が自分探しの自転車での旅が中心のストーリー。

    旅の途中で出会った棟梁の言葉

    『「自分で本当に気のすむまで
    やってみたか」どーかしかないんだよ。』





    内容は何であれとことんやってみることなのでしょう。

    竹本君がみんなのいる場所に戻ってきた時の姿が勇ましくみえた。

    私個人的にはP159の竹本君の顔が好き!

  • ”子供が子供なのは、大人がなんでも分かってるって思っているところだ。”
    自分が大人と言われる歳になって、実感する。
    大人って言ったって、なにもかわりはしない。
    間違うことばかり。
    そしてもう泣くだけでは許されなくて、泣くこともできなくて。
    それでも生きていく。


    北海道出身者としては、民家が無いのは山間部であって
    街にはマンションだってあります!
    と突っ込みたい気もしつつ。(笑)

    バイクや自転車で北海道一周をしてみたいと思ったことはよくあった。
    夏になると本州からのツーリングが増え、それを見ていてとても楽しそうで羨ましかった。

    ”雨の終わる場所を見た。”
    読んでいてゾクゾクした。
    自分がキャンプをしたとき、周りにいたツーリングの人たちから漂う雰囲気を思い出した。

    やろうと思えばできるのに、やってみなかったこと。
    大人になればなるほど、「忙しい」なんて言葉で誤魔化してやらないことが増えてくる。

    ペダルをひたすら漕ぎ続ける。
    そうすることで、家のドアがどこでもドアになる。
    できないのではない、やらないだけなのだ。
    竹本くんの自分探しに、とても励まされた。

  • ――自分を探しに行こうって思った

    行けるとこまで
    手が届かないなら
    近づけばいいんだって 思った

    この両足を交互に踏み出して
    それだけで 近づいて行けるんだ

    それしかないんだ

    どこかに「自分」があるって思っていたけれど
    そんなものは どこにもなかった

    これがぼくだ
    なにもないぼくが 食べて 寝て
    生きて 笑って泣いて 進んで 生きている
    それだけなんだ

    だから繋いだ手の温かさが
    それだけで生きていけると思ったら
    それがすべてなんだ

    役に立つのは嬉しいけれど
    それがすべてになってしまったら
    そこにはもう 自分なんかいない

    行きたい場所があるなら
    行ってみればいいって 思う

    こんなところにいないで
    行かない理由を探してなんか いないで

    そこで見たもの触れたもの感じたもの
    すべて 自分のものになるから

    帰ってきたら美味しいものを食べようよ
    どんなものに会ったか聞かせてよ
    どんなふうに感じたかを教えてよ

    君のことを話して

    ――そんな場所があるんだってことを思い出したくて
    ぼくは旅に出たんだ

  • 竹本君・自分探しの旅の巻。夏の間に成長した君がまぶしいよ!!涙の出そうな感動シーンもあり、必見です。はぐちゃんやあゆの恋模様もまだまだこれから♪

  • “北へ向かってひとり自転車をこぎ続ける竹本。旅には慣れてきたが、行く先に彼の心を満たす何かは、待っているの……!?超ヒット❤トキメキ☆逆走ラブ・ストーリー☆第7巻☆”―裏表紙より。

  • 自分探しの旅を経て(厳密には違うらしい)、竹本が大きく成長した巻。彼はもう大丈夫、そんな気がする。 
    感想記事→http://utsuyama27.com/hachikuro7/

  • この巻は竹本君の巻だなあ。
    青春のもやもやを行動で解消することは、
    次のステップに進むために
    とても大切なことだと思う。

  • 表紙がとても好き、竹本だけこっちを真っ直ぐ見ててすっごくぽいなって。子供が子供なのは大人が何でもわかってるって思ってるところだ ああ また来た 青春の迷い人が☆どーすりゃ無邪気なものが描けるんだ?って可愛い小学生可愛い 自分の家のドアがどこでもドアだったなんて 青春の御本尊様

  • 2015.12.26市立図書館(次女)
    竹本くんの自分探しの旅。出会いに恵まれた。
    森田は帰ってきた。あゆちゃんはりかさんと仕事で真山気まずい。はぐちゃんは子ども美術教室。

  • 辿り到るは松島。
    切り干し大根の卵焼きが食べたくなるも、まだ空虚。
    橋の隙にランドセル。リアルとアンリアル。
    雨の終わる場所。

  • 【中古】はぐちゃんが小学生相手に先生できているのが驚き。竹本くんお帰りなさい。表紙絵この巻が一番好き。

  • 「好きなものを」「楽しんで」という言葉は美しい でもその何とむずかしい事か・・・

  • おかえり竹本くん!すっかりたくましくなって・・・(ほろり)。はぐちゃんと森田さんの関係は天才同志のシンパシーで、恋愛と捉えた場合必ずしも幸福かどうか疑問だけれど、竹本くんははぐちゃんにとって修ちゃんのミニチュア版みたいなものなのだろうなと思う。刺激と安心の二択。

  • 器用な竹本。自分探しの旅、棟梁の「自分で本当に気のすむまでやってみたか」、しんさんのキモダメシで渡る橋。

  • 自分探しの途中、修復士やいろんな人との出会いがあり、一回りも二回りも成長して帰ってきた竹本。やや竹本が詩人っぽくなってきたのが気になるが。。しんさんも修ちゃんも野宮も・・・みんな若い時分に自分を探していたのね。若いって素晴らしい。

  • やっぱり繊細すぎるのかな~!自分探しみたいなことって、正直どうでも良いような気がしちゃってな~!あとギャグっぽい描写が後に影響してる感じも今ひとつだし、森田の怪我ネタももういいかなぁ・・・

  • 青春だね☆

  • 親が子供に教えなければならないのは 「転ばない方法」ではなく むしろ 人間は転んでも何度だって立ち上がれるという事じゃないか!?

全166件中 1 - 20件を表示

羽海野チカの作品

ハチミツとクローバー 7 (クイーンズコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする