ハチミツとクローバー 9 (クイーンズコミックス)

著者 :
  • 集英社 (2006年7月14日発売)
3.79
  • (525)
  • (256)
  • (840)
  • (12)
  • (1)
本棚登録 : 4069
レビュー : 209
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088653525

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 森田兄弟の物語に注目。次がいよいよ最終巻のこの9巻は、読み応えのある、心情のいっぱいつまった巻です!

  • この展開は予想外。<BR>
    直接的な鬱展開かぁ。うーん。全く望んでなかった方向なので、どうにもこうにも。反則じゃないっすか。<BR><BR>
    森田兄弟の話は素直に惹きこまれました。人生ってなんだろうなぁ。

  • 金儲けに奔走してきた森田兄弟。その理由と彼らの過去が明らかになる。そして、はぐみの身に起こる衝撃の出来事とは一体・・・!?終わりの始まりの幕が上がる最高潮☆第9巻!!
    <br><br>
    星数:_| ̄|;":;"−=≡○しょ、衝撃すぎる!!どうなっちゃうの!?な巻です!!ヤバイっす!!あ、皆が海に行ってないけど、海に行ったようなあのシーンが好きです。この巻ドキドキハラハラですぞ!!!!

  • 金儲けに奔走してきた森田兄弟。その理由と彼らの過去が明らかになる。そして、はぐみの身に起こる衝撃の出来事とは一体…!? 終わりの始まりの幕が上がる最高潮・第9巻!!

  • 大波乱の9巻。何もこんな酷い目にあわせなくても…というくらいにはぐちゃんがかわいそうなことになってます。森田兄弟の話では、「持っていない」側の人間である自分は読んでいて非常につらかった。

  • 野宮萌ぇ

  • 全員片思いっていう設定と、独特の絵にキュンとします。あと、眼鏡がいっぱいでもだえる

  • カオルの痛さが伝わってきて本当に苦しかった・・・
    大好きで大好きでしょうがない本だけど、辛くて苦しくて哀しいのは、本当。

  • 泣けて、笑えて、オタクネタがあって。切なくて、優しくて。
    大好きな作品です。

  • ほのぼのしますー!!

全209件中 91 - 100件を表示

羽海野チカの作品

ツイートする