ハチミツとクローバー 9 (クイーンズコミックス)

著者 :
  • 集英社 (2006年7月14日発売)
3.79
  • (525)
  • (257)
  • (840)
  • (12)
  • (1)
本棚登録 : 4072
レビュー : 209
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088653525

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【中古】ショタ森田兄弟が可愛すぎて……。そしてラストの森田さんが切なすぎて……。森田さんしか印象残らなかったや。初回限定ふろくのミドリちゃんマグネットが付いてたけど、それが案外邪魔で読みづらかった。

  • 9巻

  • 終わりの始まり・・・

    ■森田兄弟の狙いがわかる。
    ■はぐが大怪我を。
    ■はぐと先生。
    ■はぐのケガを知った森田は!?

    2011.10.09読了

    :根岸達夫:森田技研の社員だった。司の幼馴染にして相棒だった。
    :森田司:森田兄弟の父。カレーが大好き。森田技研の社長だった。今は・・・?忍とほぼ同じタイプ。
    :山田ジェノサイド:山田の作ってきた料理で巻き起こる大恐慌。はぐは同タイプなので大丈夫。

  • 物語はいよいよ佳境に入るけど、あとがきを読むと掲載誌も波瀾万丈だったんだなぁ…自分の生きる意味を自分で掴み取って生きる。そこへ辿り着ける人はどのくらいいるんだろう…

  • 森田兄弟の過去と因縁の行方の話。
    目標を果たしたお兄さんがなかなかに淋しいです。

    はぐちゃん・・・
    自分の将来が懸かってたとしても痛みに耐え続けるのは容易ではないはずです。

  • 好きな話とそうでない話の落差が激しい漫画。

  • I raed.(07/11/15)

  • なぜハチクロだけ9巻なのかというと表紙がry

    先生が原田の事を思い出す度胸が痛くなった。

  • ¥210(7,9巻)

  • 森田兄弟いいなー。はぐちゃんが・・・。

羽海野チカの作品

ツイートする