ハチミツとクローバー 10 (クイーンズコミックス)

著者 :
  • 集英社 (2006年9月8日発売)
3.98
  • (1090)
  • (388)
  • (1103)
  • (16)
  • (2)
本棚登録 : 5394
レビュー : 602
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088653587

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「うまく行かなかった恋に意味はあるのかって 消えて行ってしまうものは無かったものと同じなのかって・・・ 今ならわかる 意味はある あったんだよここに」

  • 改めて読むと、はぐちゃんは先生を選ぶほかない。それ以外はあり得ないのがよくわかる。
    当時は混乱したものだが…

    羽海野チカのロマンチックと男前さのさじ加減が好き。
    おまんま食べてくぞ、この世界で生きていくぞ的な。
    繊細な受信器を持ちながらも、この世界を泳ぎきる覚悟みたいな。

    はぐの葛藤と作者を重ねてしまう。

  • 最終話は涙が止まらなかった。大学という場所は、楽しく、辛く、そして大人になってから懐かしい場所になるのだろう。共に過ごした仲間が、卒業してそれぞれ別の道を歩んでいく。切ない故に美しいのだろう。そんなことを思わせてくれる、とても良い漫画だと思った。これはお勧め。

  • 10/6-13 1~10巻読了。
    久しぶりにちゃんと?少女漫画を読みました。
    竹本くん目線で始まる話はいろいろ切なくて寂しくて、それでもいっぱい優しい気持ちになりました。
    森田は天才すぎて変人すぎてなんかいろいろついていけなくてよくわかんなかった。
    真山はイイ子なんだけどな。本当にイイ子すぎて真っ直ぐすぎてなんとも言えない。
    あゆちゃんには幸せになって欲しかったけど、ちょっと予想とは外れた気もするけど、まいっか。
    修ちゃん先生は最初からずっと気になっていたのですが、本音とかあまりよくわからなかったよね。
    はぐの気持ちが一番わからんかった。ふわふわしすぎてて。
    だけど女の子ふたりとっても頑張りやで可愛いくてそこがとてもイイ。
    あとみんな美大生ですごく器用で、手作りもので生活できるってイイなぁ。創作料理はともかくとして。
    個人的気になりは、藤原デザインの美和子さんと山崎さん。がんばってほしいわぁ。
    あと小学生の倉持くんの数年先を見てみたい。

  • 山田と野宮の関係がたまらない。大人はずるいけど、大人ぶった子どもはもっとずるい。森田に誘拐されたくなる。

  • 叶わない想い。

    それでも、無様でも、まっすぐに、伝えること。

  • おもしろくて切なくてかわいくて感動して、いろんなものがたくさん詰まったすてきなマンガです。

  • 泣いた。青春じゃああああ(/ _ ; )

  • 本編ももちろんすばらしいのだけど、一緒に収録されてる短編の「星のオペラ」が素敵すぎて、PDFにして何度も読み返してる。

  • ハチクロ最終巻。
    片想いは片想いのままだけれど、みんな前を向いて、新しい未来に歩き出している。

    はぐちゃんのハチミツと四つ葉のクローバー入りのサンドイッチを食べて、泣きながら竹本くんが言ったセリフ。
    本当にこのマンガのラストに相応しくて、自然と涙が出ました。

    ハチクロのみんなが大好きです!

全602件中 41 - 50件を表示

ハチミツとクローバー 10 (クイーンズコミックス)のその他の作品

ハチミツとクローバー 10 Kindle版 ハチミツとクローバー 10 羽海野チカ

羽海野チカの作品

ツイートする