プライド 9 (クイーンズコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.87
  • (27)
  • (27)
  • (39)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 291
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088654874

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 縺医?√∴縲∵丐逕サ縺ォ縺ェ繧九s縺ァ縺吶▲縺ヲ縺ュ縲√%縺ョ繧ウ繝溘ャ繧ッ縲りゥア縺ッ螟ァ螂ス縺阪〒縲∽サ雁屓繧ゅ→縺ヲ繧る擇逋ス縺剰ェュ繧薙□縺代←縲√∴縺医∴縺域丐逕サ?橸ス橸ス橸ス橸シ滂シ滂シ
    縺薙?螂?キ。縺ョ繝医Μ繧ェ繧偵>縺」縺溘>隱ー縺後←繧薙↑髻ウ讌ス縺ァ陦ィ迴セ縺吶k縺」縺ヲ縺?≧縺ョ?橸ス橸ス橸ス橸シ滂シ滂シ溘??繝槭Φ繧ャ縺ァ縺ッ陦ィ迴セ縺ァ縺阪k荳也阜縺ァ繧ゅ?√%繧後?縺。繧?▲縺ィ螳溷?縺ッ繝?繝ェ縺ェ繧薙§繧?↑縺?°縺ェ縺や?ヲ窶ヲ?滂シ滂シ

  • 神野氏の心の変化が、史緒とのすれ違いが、報われないのが、哀しいし切ない。
    多美の非人道っぷり半端ないな。ただの目の上のたんこぶ。

  • 実写は無理があるような気がしてならないが。

  • 気になっていながら読んでいなかったので年末本として購入。

    ベティの前座で歌うことになったSRM。3人の成長がコーラスにきちんと反映しているのがいい。萌の現状が史緒の結婚に今後どう影響してくるのか、気になる。

  • ドロドロな感じがたまりません。上手くいきかけたと思えば……。
    萌の母親が強烈。

  • 少女マンガの女王と言ってもいい、一条ゆかりの作品で現在進行中である。
    オペラという華やかな舞台で繰り広げられる愛憎劇から目が話せない。

    映画するそうだけどシオと萌の人は相当な期待とプレッシャーに負けないように頑張って欲しいものだ。
    ランちゃん作曲の「祈り」は楽しみ半分、ひやひや半分。

全6件中 1 - 6件を表示

一条ゆかりの作品

ツイートする