シックス ハーフ 11 (りぼんマスコットコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.00
  • (15)
  • (11)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 129
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088673646

作品紹介・あらすじ

元通り、兄妹3人の暮らしに戻った詩織。兄・明夫への気持ちは封印して…。だが、ドラマの仕事が徐々に忙しくなり、家に帰れなくなる日が続くように。事務所からは、家を出るよう決められてしまい!? 詩織と明夫の恋のゆくえは!? 感動の最終巻!!
【収録作品】シックス ハーフ番外編

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 試し読みで気になって全巻購入し一気読み。
    どの巻も途中でゆるむことなくずっと面白かった!

    少女漫画によくある禁断の兄弟同士の恋愛をヒロイックに描くとかではなく、
    (話としては記憶喪失・兄への恋心・芸能界デビューなどコテコテなのだけど)
    ちゃんと妹のまほちゃん含め家族愛を丁寧に丁寧に描いて最後も三人で終わるところが本当に良かった。

    余談だけど最終巻は途中で近所のひきこもりの息子のくだりが何度も出てきたので、
    これは最後に二人が気持ちを確かめ合った最高潮のところでストーカーに刺されて終わるのか!?
    と気が気でなかった。笑
    (BANANA FISHに感化されすぎ)

    無事にハッピーエンド!

  • とっても良かった✨一気に読めた✨
    途中すれ違いすぎて、とっても切なくて読むのが苦しかったけど、一番幸せな形に収まった。開くんとの恋愛も可愛くてとても素敵だったけど、あーちゃんと両想いになれて、幸せになれてよかった。詩織がきちんと開くんに自分の気持ちを伝えられたことも良かった。
    人をこんなに好きになること、こんなに激しく自分の気持ちが揺さぶられる人に出会えること、そしてその人の為に自分の気持ちを我慢すること。
    その色んな気持ちがわかって、意外と私もそんな恋愛をしてこれたのかななんて、もしそうなら良かったと思える。
    あぁ、今まで漫画なんてと思っていたけれど、こんなにワクワクしてドキドキして憧れたり悩んだり出来るなんて素晴らしすぎる。たくさん読んでおけばよかったなぁ〜。

  • 最後、どぅ着地するのやらと思ったが…
    このフィニッシュは良い! 上手い!
    まーちゃんが大人だねーw 
    まーちゃんには幸せになってほしいなと…。あ、開くんも。
    うん、いい奴らばっかだったよ。1名除いてw

    ただ気になったのがあーちゃんが都村に言ったセリフ
    「僕も都村さんといるの すごく心地いい」
    んー、このセリフにちょっと引っかかった。
    せめて「すごく」は取ってくれ。
    場合によったら愛の告白ぽく聞こえるよ。

    全巻借りしたので、11巻完結でよかった。

  • 最終巻。面白かった。面白かったけど、思っていたよりはあっさりしてたかな。開が最後までいい奴でホント幸せになって欲しかった。卒業式の後、あーちゃんと電話で話してあーちゃんの想いを聞くわけだけど、言ってることわかるけど、しーちゃんが中心だったとは言ってたけど、私には全然愛の告白だとは思えず。女性として好きだって言ってるようには思えなかった。何回か読んだら変わって感じるようになるのかな。案外あっさりあーちゃんと詩織くっついたなーという印象。それよか、まーちゃんがお姉ちゃんと呼んだこととか、忘れかけてた詩織の書いた手紙とか、そっちの方がグッときた。

  • 最後は兄妹として終わるのかと思っていたから、少しびっくりした。

    最終的に一番大人だったのはまーちゃんだ。形は変わっても、兄妹である事に変わりはない。そういう気持ちだったのだろうか。

    開は、1巻と比べてだいぶかっこいい男になった。彼に幸せが訪れます様に…。

  • 好みの別れそうなラストだけど、女性向け漫画にありがちなオチ(登場人物全員が幸せになる後日談、伏線すべてを無理矢理回収等)がなく、個人的には大変満足。

  • 良いのか悪いのかは判断がつきにくいけど一応ハッピーエンドで完結していましたね。
    うさぎどろっぷ読み終わった後の若干の違和感みたいのは残りましたがこっちは年齢差がない分大分マイルド。
    一言で言えば妹に振り回される兄の話です。

  • 交通事故により記憶を無くした詩織。過去の自分と今の自分とで揺れ動き、もがきながら自分の居場所を見つけようとする。設定は面白く、揺れ動く感情も分かりやすい。ただ、後半になるにつれ、少女漫画にありがちな展開のところもあってそれはちょっと残念。でも色々なことに悩んでいる十代には非常に思い入れのある作品になると思う。

  • え…これで終わり?

    読み応えばっちりだし、絵も綺麗で文句はなかったはずなのですが、終わり方が地味で驚きました。
    主人公は女優で輝いて、ずっと思っていた人と恋人になれて、兄弟仲も良好。母親の関係もそのまま終わり。
    もっとごちゃごちゃとしてほしかったです。
    遺産の話、大ちゃんのお話。もっとあったはずッ!!
    というか、大ちゃんのネタをもっと掘り下げてほしかったです。
    あれだけ一途にずっと思い続けていた大ちゃん。告白をしてスルーされたから逃げて戻ってきたら友達Aみたいな役割しちゃってッ!!
    開くんもなんかかわいそうだし。もうちょっとページ作ってほしかったです。
    読み終わった今でも続きがないか探したい気分。
    ⑪の終わりって書いてあったので続きがあってもいいかも。というか、続いてくれ!!

  • 全巻一気読み。
    しーちゃんの記憶が戻るとこがちょいと怖かった。恋愛は誰かを不幸にしてしまうことがあるけどそれが池谷さんはいつもバッチリ描いているところが正直で好き。人の中に潜んでる汚いとこととか。でもみんなほんとは素直になりたいのー。
    結局あーちゃんが素直になれたことでめでたしめでたし!

全17件中 1 - 10件を表示

池谷理香子の作品

ツイートする
×