さよならミニスカート 2 (りぼんマスコットコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.02
  • (16)
  • (26)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 449
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・マンガ (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088675435

作品紹介・あらすじ

「こんなことしてるからファンに刺されるんだよ」
傷ついた元アイドル。正体を隠して生きていくと決めた彼女の周りで、さらなる事件が──!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • りぼんだと思ってなめてました。
    申し訳ありませんでした。

    「どうしてただの仮装大会がミスコンになったのかな。どうして男子の部活にだけ女子のマネージャーがいるのかな。どうして女の子のアイドルは30歳になる前に消えちゃうのかな」
    学校でもとびきりの美少女であり、自らのかわいさを消耗する美玖がぶつけるこの疑問、正直答えられないと思いました。
    仮装大会がミスコンになること自体は悪ではないし、マネージャーは好きでやっていて男子に強制されたわけじゃないだろうし、それぞれは別に悪いことというわけじゃないと思います。
    であるのに、これが確かに質問になりうるという矛盾。

    この作品を読んで得た疑問を子供からぶつけられる大人がいるのかもと考えると、少し恐ろしい。でも少女だけが読むのじゃ勿体ない。
    賛否を別にしてもいろんな人に読ませるだけの力のある作品だと思います。

  • 男の視点から、女の視点から、様々な「過去」やトラウマが浮き彫りになる巻。
    男性性に対する女性目線からの描き方がやや「THE少女漫画」的な部分はあるものの、前巻以上にヘヴィな内容で読み応えアリ

  • いやー、これすごいの一言。
    ミソジニーの構造を浮き彫りにしてる。
    これを、メイン読者が小学生〜中学生の『りぼん』で連載してることには大きな意味があって、高校生も共感はするだろうけど、「遅い」んだよな。
    でも、子供はどんどん大人になるから、普通の少女漫画のスピードだと追いつかないので、どんどん物語を展開させてく、これ重要。

    未玖みたいな子が、実はこっそり傷ついてるの、同年代には分からないんだよね。
    アラフォーになって、冷静な視点ではたから見ると、その構造にゾッとする。

  • とにかく刺激と次へのヒキが強くてグイグイよんじゃう。このスピード感を保ったまま、どこまでいくかみていきたい

  • 仁那が自分の意思で光を信じようとし、それに応えようとする光もよかった。からのシャツ姿の破壊力ね!
    自らの可愛さも女性への偏見でさえ利用している未玖。でも、だからこそその価値観に最も囚われてもいるんだろうね。

    男とか女とか、その人の立場やアイドルであることとかに対する様々な偏見(とそこからの脱却)をテーマに織り込んでるマンガだよね。
    読んでると偏見は相手を傷つけるだけじゃなく、偏見に囚われることでその人自身もまた傷ついているのかもと感じた。

  • 「かわいい」が世界共通語になりつつある昨今における、女性ジェンダーの問題について考えさせられる漫画。
    女性の発する「かわいい」とは抱擁のことであると誰かが言っていた。たとえばぬいぐるみをみて「かわいい」、アクセサリーをみて「かわいい」。男性からのかわいいを期待しつつ、それに応えようとするのは女性ジェンダーとして自然だと思う。が、過剰に応えようと・承認を得ようとして、自分自身を見失ったり、自信を逆になくしたりするのは、どうしてだろう?今の社会構造やマスメディアの構造では、個人主義的すぎて、承認欲求の追求や個人幸福の追求すら、窮屈になりつつある。
    この漫画は、以前も述べたが、犯人捜しのサスペンスとしても楽しめるし、ビジュアル的にはBLのようなエンターテインメント性もありつつ、王道の恋愛少女漫画としても楽しめる、総合漫画と言っても過言でない。大味じゃない。久しぶりに、知的好奇心と興味本位の楽しみを満たす漫画に出会った気がする。文句なしに☆5。

  • 光君、犯人じゃないとはっきりしてよかった。
    未玖ムカつくけど、そうなってしまう気持ちもわかんなくもない。
    なぜ男の一部のために女同士ぶつかり合わないといけないのか? 納得いかないものがあるよな。
    理解しようとして苦しむ光くんみたいな男子も気の毒だし。
    好きでやってる「らしさ」はいいけど、誰かに「こうじゃないと」って言われてやるのは男女問わず苦しいだけ。

  • ジャンプラで追っていますが毎回毎回読み応えというか、ぐっと気持ちを込めてから読む漫画。
    みく、イヤな女だなと思ってはいたけどだからって被害に遭わないでほしい 仰向けのあのページ、ウグーッてなってしまった すべての人間が見た目にも精神的にも被害者にならないでほしい 自分もやってるんだろうけど、なんにも考えない一言や価値観が誰かにとってのオエッて原因になるんだよな そういうの考えていきたいね
    みくの「奪う」って読んだ瞬間あ〜この子は光子なんだな〜と思った(バトロワ原作版)。でもみくにとっての滝口は…おそらく光くんではないんだよ………………

  • 本当にハラハラしました。かなり続きが気になる感じで2巻終了、面白いです。

  • 衝撃的
    りぼん、なんだ…
    重くて辛い
    それぞれが苦しい
    ミクは背負うものがあるとはいえ憎たらしかったけど、だからってそんな目にあっていいものではない
    女の色々な面を、言葉にできない大事な事を伝えてくれている。辛いけど。。
    だからりぼん、でよいのかもしれない
    ミクの兄もヤバそう
    休載中とのこと。
    どこに向かうのか…
    被害者は悪くない、女の子だから悪いわけじゃない、と伝えているのはよいけど…
    いい年してても読むのが辛い

全24件中 1 - 10件を表示

牧野あおいの作品

さよならミニスカート 2 (りぼんマスコットコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×