賢い犬リリエンタール 4 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.58
  • (81)
  • (20)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 328
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・マンガ (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088700915

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最後までかわいらしいお話でした。よかった。

  • 加筆の卒業式の話は良かった。

  • ワートリから入り、初期作品ということで、読んでみる。
    打ち切りだが、消化不良もなく丁寧にまとまっている。

  • 大傑作。
    打ち切りなのだろうが、この完成度には拍手しかない。

    優しさに溢れたこの作品は決して子供だけのものではない。むしろ大人が心を研ぐための作品だと思う。

    作者のリベンジをいつまでも待っている!

  • 評価高いから読んではみたけど、完全に小学校低学年向けかな。良さは見出せない。

  • 少なくともマフィア漫画や妖怪漫画、魔法使い漫画より面白いしウォーズマンが読んでも氷の精神が破壊される漫画だと思いますよぉ

  • ここ数年で読んだ少年漫画の中で最も素晴らしい漫画の一つだと思う。

    子供にも分かりやすく。でも作者さんは(もちろん登場人物も)決して子供を馬鹿にしていない。本当に丁寧に優しさだとか勇気だとか愛だとか、そういった感情が描かれている素晴らしい作品だった。

    自分に子どもができたら読んでもらいたいな。

  • 「魔女カナリーナ」の回のリリエンタールのけなげさに泣いちゃう。ごむぞう、よかったねえ。

    4巻はいままでのキャラクター総出のSF風(?)バトルもので綺麗に完結。なんか不思議なマンガだったなあ。1巻みたいなほのぼの系でずっとゆっくり読みたかった気もするけど。面白かった。

  • 惜しまれながらも完結。
    組織がらみよりもカナリーナ編がとても美味しくいただけたのでこちらを重点的に。
    カナリーナとライトニング光彦のやりとりがすごくいい、カナリーナの心の声を読みつつ、TVの前で家族のごとく座り客観視して意見を述べる面々。
    この構図がなんかたまらんw
    恋愛べたなせいでむちゃくちゃなカナリーナちゃんがとってもかわゆすなのでござる。
    そして、ラストに向けて突っ走っていく感じがすごくよい。
    今までの魅力的なキャラが各々にできることを存分に発揮しちゃうところがとっても素敵。

  • 爽快巻

    4巻で打ち切りになったことが残念でならないけど、4巻に凝縮させたからこそ映画みたいな濃い物語になったのかもしれない。

    一生懸命で純粋な犬の言葉に何度もこころ打たれた。

    理想のおとなの存在もとてもいい味でてたし。

    これはいい本だ

全26件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

葦原大介(あしはら だいすけ)
1981年、東京都生まれの漫画家。岡山県育ち。高校卒業後はアルバイトをしていたが、第75回手塚賞で『ROOM303』が準入選し、2008年『週刊少年ジャンプ』掲載、漫画家デビュー。2009年『賢い犬リリエンタール』で初連載。
代表作に2013年から『週刊少年ジャンプ』で連載開始した『ワールドトリガー』。2014年、アニメ化された。度々の休載を挟んでいるが、2018年、『ジャンプSQ』での連載再開が告知された。

賢い犬リリエンタール 4 (ジャンプコミックス)のその他の作品

葦原大介の作品

賢い犬リリエンタール 4 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする