紅 kure-nai 6 (ジャンプコミックス)

  • 集英社
3.79
  • (17)
  • (36)
  • (28)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 445
感想 : 13
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088701554

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 夕乃さんの愛は重い。。。そしてついに星噛絶奈登場。

  • 2015年11月11日

  • ≪レッド・キャップ≫編がベタッとした終わり方を迎え、ストーリーは原作の方へ。悪宇商会が真九郎と接触し、真九郎は自分が家族を失うことになった八年前のテロに同じく巻き込まれていた少女、志具原理津と出会う。正体がバレた切彦に腹を刺される真九郎。真九郎は毎回血を流している気がする。

  • 9784088701554 201p 2010・12・8 1刷

  • 前巻から引き続くレッドキャップの話はあっさり終わりすぎて消化不良。あの程度の説得で最後あの場所に行く所まで変わるというのは正直説得力のある展開とは言いがたい。本気で絡んだ事件以外で絶奈と出会った所は面白い。今後どう動くかに期待。今巻で新しく始まった切彦とのやり取りは色々な要素が絡み始めてなかなか期待させられる展開。

  • 前巻から引っ張った割にはサクッと終わった感じ。で、切彦の話だが今のこと面白さなし。だんだん紫がうざく感じてきた。

  • 1,2巻のハーレム漫画雰囲気は少し抜けて若干ストーリー重視に。若干。
    5巻のレッドキャップ編はあっさり終わりすぎてなんかガッカリだった。
    特に相手の手下とか、重要キャラっぽい雰囲気をかもし出しておきながら1コマで、しかも脇役に倒されるとか。
    当て馬にしても酷すぎる。小説ベースだから尺の関係で色々あるんだろうか。
    まあ銀子かわいいから許す。

  • ついにギロチン編に突入。原作通り展開されるのか期待。

  • 続きが気になるなぁw

  • オリジナルエピソードを挟みつつ、ようやく小説2巻のクライマックスにさしかかりましたな。
    それはそうと、いつの間に著者がこんなにたくさんになったのかしら……
    あと「電波的な彼女」の続編をぜひ。

全13件中 1 - 10件を表示

山本ヤマトの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×