To LOVEる -とらぶる- ダークネス (1) (ジャンプコミックス)

著者 :
制作 : 長谷見 沙貴 
  • 集英社
4.19
  • (83)
  • (62)
  • (40)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 873
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・マンガ (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088702056

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コミック

  • 矢吹GOD

  • 完全にエロ漫画になってしまったようだ…

  • 『週刊少年ジャンプ』で大人気を博した「To LOVEる」の続編シリーズ。

    モモは、リトをハーレムの主にするという「ハーレム計画」を思いつき、その実現に向けて策を練ります。ナナとモモ、さらにヤミまでもが彩南高校に編入することが決まり、リトの周りはますますにぎやかになります。

    一方、地球での生活が長くなるにつれ、殺し屋としての冷酷さを失ったヤミを、もとの殺し屋に戻そうとするネメシスは、ヤミと同じトランス能力をそなえた少女・黒咲芽亜(くろさき・めあ)を彩南高校に送り込んできます。

    新シリーズになって、モモのアプローチがますます大胆になります。また終盤では、個人的に一番気になる唯との仲も急接近し、続きが楽しみです。

  • 生きがい。

  • 矢吹健太郎先生はデビュー当時から女の子を描くのが上手い先生だったけど、とらぶるを描くようになってから、どんどん神がかってきて怖い。

    とらぶる本編も好きでしたが、ダークネスはさらに面白いです。
    展開も気になるし、出てくる女の子もみんな可愛すぎる!!私は断然メアがお気に入りです。むしろ雑誌でメアを見たから単行本も買ったよ。
    外見がまず好みだし、無邪気で最強なところが良い!

  • ・やっぱりぼくは春菜ちゃん❤

  • 1〜6巻読了。
    無印から超パワーアップ。もちろんアレな方向に。
    しかしこれを少年誌でやるんだもんなぁ。たまげたなぁ(笑

  • 作画がきれいで、けっこうえちぃです。肌色率多め。
    モモちゃんがすごいですね。でも一番は闇ちゃんです。
    闇ちゃん可愛い。。

  • イラストがとてもきれいです。女の子も可愛くて個性豊かで、おっぱいの大小バランスも幅広くカバーしています。ストーリーがご都合主義なのは目を瞑るとして、少年誌で大丈夫なのか!?というようなギリギリラインのエロネタまで描かれているので大人が読んでも十分楽しめると思います(笑)

全38件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

矢吹 健太朗(やぶき けんたろう)
1980年高知県生まれ、岡山県育ちの漫画家。男性。
第14回天下一漫画賞(1997年9月期)で、「MOON DUST」により秋本治審査員特別賞を受賞。デビュー時は現役高校生だった。初連載作『邪馬台幻想記』開始時は18歳。
代表作に『BLACK CAT』、『To LOVEる -とらぶる-シリーズ』。

To LOVEる -とらぶる- ダークネス (1) (ジャンプコミックス)のその他の作品

矢吹健太朗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

To LOVEる -とらぶる- ダークネス (1) (ジャンプコミックス)に関連するまとめ

To LOVEる -とらぶる- ダークネス (1) (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする