TIME KILLERS 加藤和恵短編集 (加藤和恵短編集) (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.84
  • (72)
  • (95)
  • (86)
  • (13)
  • (1)
本棚登録 : 951
レビュー : 73
  • Amazon.co.jp ・マンガ (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088702162

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者さんの作品で一番好き

  • まず作者はやっぱり絵がうまいなっていうのとほんとにウサギが好きなんだなー
    あと今連載中の青の祓魔師は作者が描きたいものじゃないんじゃないかなあと思った

    読み切りとしての面白さは深山鶯邸事件がダントツ

    しかし高い!
    カラーの掲載は嬉しいけど、白黒ページの紙質はこれより悪くてもいいのでもう少し安くしてほしかった

  • 買うのに迷いましたが結局購入。
    買って良かったな。

    初期の頃の絵はアキラの大友さんの絵に似ているなあなんて思いながら読みました。それにしても巻末で作者本人も語っておりますが初期の作品は好きな絵や設定で作者の好きなように漫画を描かれていたんだなあ、ということが良くわかりました。コミティアとかにありそうなイメージです。良くも悪くもアングラな自己の世界というか。

    でも路線を変更して描かれた作品で今これだけ売れている作品を描かれているのだから凄いなあと思いました。個人的にクロが好きなのでヨルが可愛かったです。
    後、シロイルカの話が好きでした。

  • 青祓しか既読でなかったので若干雰囲気が違うかな?とそこが新鮮でした。ホシオタがもう雪男にしか見えませんでしたが笑。目当てだった深山鶯邸事件、夜を完全に燐と同一視してしまってボロ泣きでした。そういう読み方あんまり良くないだろうなとは思うのですが、深山〜は青から派生したショートストーリーだったと加藤先生も仰っていたので、ご容赦頂きたい。カラーページがとにかく充実していて、見開き裏の登場人物集合絵もかなり良かったです。個人的には深山〜を除き印象に残ったのが主と某、ニライ、でした。

  • 青エクの作者さんの短編集。青エクの原点となる作品も収録されています。加藤先生の作品は初めて読みましたが、こんなに細かく描きこみされる方だったんですね…!ほんとに少年漫画って感じ。カラー作品も収録されていて見ごたえあり!赤い大地に生まれた戦士のはなしがカッコイイ!
    読み切り集なのでどれも一話完結でたくさんのお話が読めて満足感あります。うさぎのおばちゃんが強く印象に残ってる。

  • 加藤和恵さんは以前から塗りや絵柄が好きで注目してた漫画家さんですが、青の祓魔師のアニメ化により一気に大ブレイク。短編集も発売され嬉しい限り。
    値段については賛否両論ありますが、季刊エスなどの短編も収録&カラーもそのまま掲載という特典を考えると妥当なお値段かと。これで700円ちょっとならかえってお得かも。
    内容は、初期の短編に関しては良くも悪くも好き嫌いが分かれる作風かと。
    殺し屋高校生と同級生との交流を綴った「僕と兎」、浪人生の大晦日の夢「主と某」など、少年誌に掲載するには内角低めの変わり球でややへヴィなテーマを扱ったものが多い。
    あとがきで作者も言及してましたが、GTOなどマガジン系の漫画を意識した「人生街道はぐれ星」は特にそんな印象を受けました。
    元々加藤さんの独特の塗りが大好きだったんで「赤い大地に生まれた戦士のはなし」がカラーで読めるのは嬉しい!
    青の祓魔師のメインキャラの原型っぽい人物がちらほら出てくるのもニヤリとする。

    あとがきですが、「そんなにぶっちゃけていいの!?」と心配になるほどこれまでの経歴を赤裸々に語ってます。
    「最初の頃は描きたいものを描きたいように描いてた」
    「この話で初めて読み手を意識した」
    など、本音が聞けるのも嬉しい。
    以前よりファンだった方はご存じだと思いますが、加藤さんは打ち切りの多い作家さんだったので、それも踏まえて読むと感慨もひとしおかと(ただ、個人的に好きな「ホシノオタ」がネットで評判今いちってのはショックだった……)

    余談ですが、「読み手を意識するようになった」=「描き手が妥協してる」って事ではないのでは?
    私は描き手が描きたいテーマを貫きながら、そこで自己完結せず、より広範な読み手がカタルシスを得られるよう娯楽性を盛る匙加減を覚えたって事じゃないのかなーと受け止めました。

    いずれにせよ漫画家加藤和恵の新たな一面を知ることができるので、青の祓魔師から入った読者にもお奨めです。

  • 最初の
    僕と兎だか、兎と僕だったか忘れたけど、(そもそもタイトルなんだっけな)
    良かった!
    TIME KILLERSって、タイトルなんかカッコいいなと思ってたら、めっちゃ謙遜されてら

  • 青のエクソシストは読んだことない。が、こんなに引き込まれる漫画を書ける人はそういない。
    紙も安紙じゃなく、真っ白でとてもいい。
    読むリズムが心地よい。

  • ほんのりせつない話が多かった。

  • いや、恐れ入った。
    青エクでほんとこの人絵ーうまいなーと思ってたけど、昔から随分…かなりお上手だった。
    あとがきで、昔の絵ー濃ゆいわーって言ってらしたけど、美大出の方なのかしら。なんかそんな匂いがする気がする。無駄がない。色気がある。

    漫画10本はいってます!カラーはいってます!お得!(笑)
    その分のお値段ですけど、個人的には手に入れといて損はないです。

    青エクの元っぽい話の「深山鶯邸事件」(青エク元でこっちらしいですけども)が気にはなってたけど、個人的には「赤茄子(トマト)」が凄い好き。
    もちろん深山も面白かったけど。赤茄子の祭助がすごく好み!
    「ニライ」も好き。雰囲気漫画大好き。
    あと「USA BOY」ちょーーーーうかわいい!
    「ホシオタ」も面白い。手塚さんちょうかわいい。

    加藤さんのキャラも「人」として好きだなーと思います。イキイキしてる。

全73件中 1 - 10件を表示

TIME KILLERS 加藤和恵短編集 (加藤和恵短編集) (ジャンプコミックス)のその他の作品

加藤和恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

TIME KILLERS 加藤和恵短編集 (加藤和恵短編集) (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする